新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

アイホット

アイホットとは、皮膚への浸透力のある赤色光を使用したアイマスクタイプのあんぽう器で、温熱治療と同時に眼のまわりの湿度を保つことができます。眼を温めることにより、マイボーム腺の油分の分泌を促進させ、目の疲れを癒します。ドライアイ眼精疲労等の症状改善に効果的です。

アイホットの特徴

アイホットの0.7ミクロンの赤色光は、近赤外線と同等以上の皮膚への浸透力を持っているので、眼瞼の皮下組織を素早く温めます。可視の赤色である0.75μm付近の波長領域は、生体の窓と呼ばれ生体への透過率の高い領域とされています。よって、これが皮膚組織の深部まで到達し、皮下血管網に吸収されると考えられます。 ドライアイの原因の一つに、マイボーム腺の機能不全があげられます。マイボーム腺とは、まぶたの縁にある特殊な皮脂腺の一つで、目の涙液膜の蒸発を防ぎ涙が頬にこぼれ落ちるのを防止し、目の疲れを癒す最適な油層を目の表面に形成する組織です。アイホットの赤色光により、このマイボーム腺を温め、マイボーム腺の脂分の分泌を促進させることにより、ドライアイの症状が緩和し、楽になります。 また、温熱効果によって目の周りの血流をよくすることにより、眼精疲労の改善にもなります。 アイホットをご希望の方はお気軽にご相談ください。 提供メーカー
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

医師のご紹介

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害者認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

掲載インタビュー
新川医師がドクターズファイルに掲載されました新川医師が新宿区ドクターズに掲載されました

視能訓練士(常勤1名/非常勤5名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)

検査・治療・手術機器

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索