× 

代表的な眼科疾患

× 

コンタクトレンズ外来

× 

  1. 新宿眼科:ホーム
  2. 検査・治療・手術機器
  3. 治療機器

治療機器

治療機器の画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。

ヤグレーザー装置

ヤグレーザー装置
白内障手術後に起こる後発白内障の治療や、閉塞隅角緑内障における虹彩切開術に用います。

医療用具承認番号:16300BZZ01256000

椅子型診察台(イクスフィール)

椅子型診察台
患者用回転椅子と診察台がひとつになった椅子型診察台。
眼処置や涙点プラグを行う際に使用します。

医療承認番号:27B1X00042001023

グリーンレーザー光凝固装置

グリーンレーザー光凝固装置
光エネルギーを用いて網膜周辺部の蛋白凝固や虹彩切開を行い、眼底疾患を治療する機械です。
※レーザー治療をご希望の方は、受診の上医師に相談してください。

医療用具承認番号:22100BZX01054000

WAC(ワック)

WAC
検査器の中の美しい風景を約5分間眺めることにより、目の緊張を解きます(雲霧法)。眼精疲労の軽減、子供の近視の進行予防、内側に寄ってしまった視線を平行に保つ効果があります。

医療用具承認番号:08B0573

涙点プラグ/涙点閉鎖による治療

涙点プラグ
パンクタルプラグF(製造販売元:株式会社トーメーコーポレーション)は、新型のシリコン製プラグです。
挿入前はプラグが細長くなっており、涙点サイズの計測を行わなくとも挿入が容易にできるようになっています。
また挿入用のインサーターに予めプラグがセットされているため、挿入しやすく、挿入時の埋没等のリスクも軽減されています。

医療用具承認番号:22100BZX0109300

涙は目の表面から蒸発する以外はほとんどが涙点から鼻に出る為、涙点を閉じて涙の流出を抑え、涙を眼の表面に十分に溜める方法です。当院では2種類の涙点プラグを利用した治療をしております。
涙点プラグ
(1)スーパーフレックスプラグ(ホワイトメディカル)
サイズが豊富なので、小さな涙点から大きな涙点まで対応できます。

医療用具承認番号:21200ZY00283000

涙点プラグ
(2)コラーゲン製涙点プラグ
コラーゲン製涙点プラグは生体適合性の高いアテロコラーゲンを使用しており、体温によりゲル化する特性を利用して、充填時には液状のため簡単に充填でき、涙小管内ではやわらかいゲルとなり刺激が少なく、かつしっかりと涙点を閉鎖できます。
※主成分が水溶性のコラーゲンのため、最終的には体内で溶けてなくなります。

※必要な料金(自己負担3割、初診診察料込み、片眼1本ずつ):約8000円~9000円

医療用具承認番号:21900BZZ00027000

アイホット

アイホット
アイホットの赤色光と温熱は、目のマイボーム腺を温めるマイボーム腺の油分の分泌を促進させ、目の疲れを癒すのに最適です。また、0.7ミクロンの赤色光は近赤外線と同等以上の皮膚への 浸透力を持っていますので、眼瞼の皮下組織を素早く温めることが出来ます。

二段針

二段針
通水検査時に使用する針です。涙管の入り口部分に挿入し、洗滌するのに適した針です。

シリンジ

シリンジ
通水検査時、水を通す為に使用します。

医療用具承認番号:13B1X00101000022


院長:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
経歴 ●資格
PDT講習会受講終了認定医

●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務

眼科診療経験13年
常勤医師:浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会会員
経歴 平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任
現在に至る
主な論文 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など

視能訓練士(常勤)4名、(非常勤)1名、看護師非常勤2名

検査・治療・手術機器

夜間受付のご案内

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
平日

午前 11:30~13:45
午後 15:00~19:30

受付終了時刻 19:30
土曜

午前 11:00~13:45
午後 15:00~19:00

受付終了時刻 19:00
日曜
祝日

11:00~18:00

受付終了時刻 18:00
新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。

ご予約について

※初めての方でもご予約可能です。
※ご予約なしでも受診できます。
※土曜・日曜・祝日もご予約可能です。

電話予約

03-5363-0507
当日のご予約はお電話にて受付しております。

WEB予約

アクセス

【移転のお知らせ】
新宿東口眼科医院は、立替工事完了に伴い、1月15日からヒューリック新宿ビルに移転いたしました。
※なお当院の電話番号、患者様のカルテ番号の変更はございません。
住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

医師のご紹介

院長:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
経歴 ●資格
PDT講習会受講終了認定医

●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務

眼科診療経験13年
常勤医師:浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会会員
経歴 平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任
現在に至る
主な論文 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など

視能訓練士(常勤)4名、(非常勤)1名、看護師非常勤2名