新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

シラスHD-OCT(光干渉断層計)

シラスHD-OCT

医療用具承認番号:219AHBZX00011000

OCT(Optical Coherence Topography: 光干渉断層計/シラスHD-OCT400)とは、網膜(カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断層画像を撮影する検査です。
これは旧来型であるOCT2000やOCT3000を越えた最新機器であり、これまでのOCTよりも格段に進歩した測定機器となります。いままでのOCTは「タイムドメイン」という測定原理を用いており、だいたい1分ほどかけて眼の断面図を少しずつ測定しデータをとっていくというやり方でした。しかし新しく開発された「スペクトラルドメイン」という技術の発明により短時間(原理上は72倍以上)で大量のデータを測定できるようになり、5秒以下の速さで眼の断面図を一気に測定し、さらに断面のデータをとるだけでなく3Dの立体にして解析もできるようにもなりました。旧来型のタイムドメインでは検査に長い時間がかかるために、どうしても目の小さな動き(固視微動といいます)や顎台での顔のずれなどが少なからず結果に影響を与えてしまったり、また集められる情報の量にも限りがありました。しかしスペクトラルドメインを用いることで、短時間でたくさんの情報を集めることが出来るようになり、患者様の負担も軽減され検査精度も向上しました。
このOCT検査により、診察だけでは分かりにくい網膜の状態を明らかにし、網膜の病気に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立てることができます。
OCTを必要とする代表的な疾患は、、加齢黄斑変性黄斑上膜黄斑円孔などの黄班部(網膜で最も視力の出る部分)疾患です。これらの黄斑部疾患、網膜疾患を早期発見するためにもOCT検査は有効です。

また視神経と網膜神経線維層の断層画像を撮影することもできるので、視野が欠ける(自覚)症状が現われる前に緑内障による網膜視神経線維層の欠損を捉えることができます。

提供メーカー

シラスHD-OCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計)の撮影画像

網膜・黄斑部の断層画像

網膜・黄斑部の断層画像



緑内障の検査では、眼の奥の視神経線維層の厚みを測ります。正常の人と比べて「どれだけ薄いか」「どれだけ病気が進んでいるか」を解析し、数回に分けて検査を行う事で緑内障を判定することができます。視野異常の検出に先立ち、視神経線維層の欠損が検出されることもあります。

※OCTによる検査は薬剤を使用せず、眼に触れないため痛みを伴うこともありません。
検査ご希望の方はスタッフ、医師にお申し出ください。

黄斑について

網膜はカメラのフィルムに相当し、外からの光が瞳(瞳孔)、レンズ(水晶体)や目の中央部(硝子体)を通り、網膜に当たり光を感じます。黄斑とは網膜の中心にある直径1.5 mm~2 mm程度の小さな部分の名称で、黄斑の中心は中心窩と呼ばれます。黄斑にはキサントフィルという色素が豊富にあるために黄色をしています。
カメラのフィルムと網膜では大きく異なることがあります。カメラのフィルムではどの部分でもよく写りますが、網膜は中心(黄斑)では大変良い視力が得られますが、それ以外のところでは正常の目でも十分良い視力は得られません。したがって、黄斑は大変小さな部分ですが、黄斑が障害されるとそれ以外に網膜に異常がなくても視力が著しく低下し、運転免許を更新したり、字を読むことができなくなったりします。
黄斑

代表的な疾患

加齢黄斑変性症

網膜の中心にある黄斑部が老化して、老廃物が蓄積されると網膜の下に新生血管が生え、視細胞の破壊や出血により視力障害を起こします。症状としては、網膜の中心部が悪くなるので、「ものがゆがんで見える」「見ているものの中心が欠けて見える」「ものがはっきり見えない」等があります。

黄斑円孔

黄斑に接する硝子体が年齢の変化で変形し、網膜の中心部分の黄斑部を引っ張ることにより網膜に穴が開く病気です。症状としては中心部に穴が開くので、「見ているものの中心が欠けて見える」「ものがゆがんで見える」等があります。

黄斑上膜

黄斑の表面に膜が張った状態が黄斑上膜です。加齢によるものが多く、眼の中の大部分を占める硝子体に変性が起こり、硝子体網膜から離れていく時に黄斑に残ってしまうことがあります。それが厚くなり黄斑上膜になります。その他外傷・ブドウ膜炎など眼の中の炎症が原因となる場合があります。自覚症状がないこともありますが、黄斑に張った膜の厚み、収縮具合によりゆがんで見えたえり見えづらくなることがあります。

緑内障

緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。眼圧が上昇することで、視神経が弱まります。ただし、「眼圧が正常(10-21mg)であるのに、緑内障と同じ症状が生じる」正常圧緑内障が緑内障全体の半分を占めていることからもわかるように、緑内障の原因はまだよくわかっていません。
視神経障害が起きてくると、視神経乳頭陥凹という視神経のくぼみが現れ、眼底所見として観察できるようになります。

糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)

糖尿病とは体内でインスリンを作れなくなったり、体内で作られたインスリンをうまく使えなくなったりする代謝異常の総称です。また、それはⅠ型、Ⅱ型に分類されます。糖尿病性網膜症は、網膜の状態などから進行の段階が3つに分けられます。単純網膜症から増殖前網膜症の段階ではほとんど自覚症状がないため、初期の段階で患者さん自身が眼の異常に気がつくことは困難です。
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
当院では網膜・硝子体外来担当医による診察を設けております。

医師のご紹介

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害者認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

掲載インタビュー
新川医師がドクターズファイルに掲載されました新川医師が新宿区ドクターズに掲載されました

視能訓練士(常勤1名/非常勤5名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)

検査・治療・手術機器

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索