コンタクトレンズ外来メニュー▼

追加購入の前に定期検診を受けましょう 初めてコンタクトを使う方は3ヶ月に1回、経験者は3~6ヶ月に1回コンタクトレンズの定期検診を受けましょう。

眼障害を早期発見できます(自覚症状がほとんどない場合もあります)

メリット1
フルオレセインという蛍光色素で染色した目に、特殊な光をあてて顕微鏡で観察すると、目の傷が緑色(蛍光色)に発色し、傷の有無や状態が確認できます。

眼障害の一例 角膜上皮障害

眼障害の一例 角膜上皮障害角膜の一番外側の層を上皮といいます。
コンタクトレンズによる病気で最も多いのは、この上皮の障害です。
レンズの下に入り込んだゴミ、レンズに付着している汚れやケア用品が上皮を傷つけ、痛みや充血などを伴います。
重症の場合、最悪失明にいたることもあります。

眼疾患の定期検査を兼ねることができます

メリット2

ドライアイや眼精疲労その他の眼科疾患がある方でコンタクトを使っている方も相当おられます。疾患の状態の変化に合わせて、安心してコンタクトレンズが装用できるよう指導しますので、眼科は強い味方です。

見え方の変化に対応できます

メリット3
大人でも見え方や角膜の形状は年齢を重ねるごとに変化するので、定期的に検査が必要です。

コンタクトレンズのチェックができます

メリット4
コンベンショナルレンズ(従来のレンズ)の方は、レンズの状態を調べて劣化があるかどうか分かります。

新商品をお試しできます

メリット5
定期検診にお越しになれば、たとえ購入しなくても最新のレンズを複数お試しすることができます。

疑問を解決!ご相談ください

メリット6
コンタクトレンズへのちょっとした疑問や不安も相談して解消することができます。

定期検診の流れ

初回にコンタクトレンズを処方した際と流れはほぼ同様です。
装用練習はございません。

定期検診の診療費は820円、薬が処方された場合は1020円程度です

予約はコンタクトレンズ外来予約または一般外来予約のすべての医師で受け付けておりますが、コンタクトレンズ外来予約ですと比較的待ち時間が少なくスムーズにご案内できます。
丁寧な対応をモットーにしております。

常勤医師:浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会会員
経歴 平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任
現在に至る
主な論文 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など
院長:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
経歴 ●資格
PDT講習会受講終了認定医

●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
非常勤医師:安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)
安藤先生
経歴 昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務
平成21年1月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任
非常勤医師:大木 隆太郎(日本眼科学会認定 眼科専門医)
大木先生
経歴 昭和62年 埼玉医科大学卒業
昭和62年 埼玉医科大学 大学院卒業
昭和63年 埼玉医科大学 眼科学教室医局長
平成18年1月 埼玉医科大学 助教授
平成26年1月 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)