アキュビューオアシス乱視用

ジョンソンエンド・ジョンソン/アキュビューオアシス乱視用

医療用具承認番号:21800BZY10252000

国内初の乱視用シリコンハイドロゲルコンタクトレンズ

オアシス乱視用は、乱視用としては国内初のシリコン素材のレンズとして、発売されました。それまで乱視用のレンズには高含水タイプの物しかなく、使用している方々は眼の乾きに悩んでいたり、長時間装用しても安心なレンズがないという状況でした。乱視用を使っている方には待ちに待ったレンズです。

進化した回転を抑止する設計

乱視用のソフトレンズというと「プリズムバラスト」といデザインが主でしたが、ジョンソン・エンド・ジョンソン社は旧タイプの2ウィークアキュビュートーリックで「ダブルスラブオフ」というデザインを取り入れました。このデザインのメリットはレンズに余分な厚みをつけないので、プリズムバラストのレンズより薄く出来、装用感が良くなることです。しかし、その代わりにレンズの向きの安定性が悪くなりやすく、合わない方が多くいました。「オアシス乱視用」はその欠点を補う為に上下方向を薄くするだけでなく、水平方向に少し厚みを持たせました。(メーカーでは「A.S.D」と呼んでいます。)その結果、安定性は飛躍的にアップし、合わない方はほとんど居なくなりました。

回転を抑止する設計

シリコン素材の長所

従来のソフトレンズの最大の短所は酸素の透過性が良くないことでした。このため、12時間以上の長時間装用は眼に影響を受けやすいと言われていました。しかし、シリコンだと裸眼でいるのとほぼ同じくらいの酸素が透過しますので、長時間装用しても安心して使えます。更に、酸素の透過性が高い素材は素材の持つ水分率(含水率)を下げても良くなります。含水率が高いと、素材の酸素透過性の低さを多少助けてくれるのですが、その代わりにレンズから蒸発する水分量が多くなり、涙を多く吸い取られ、結果、装用時の眼の乾きが強くなります。オアシスは従来タイプのレンズ装用時の眼の乾燥感が強かった方々にはかなり高い評価を受けています。それは、素材の含水率が低い事だけではありません。

シリコン素材の長所

潤い効果の仕組み

先に述べたように含水率が低い方が眼の乾きは軽減されますが、オアシスにはもう1つ仕組みが
あります。それは、素材自体に保湿成分を混ぜ合わせていることです。この方法だと素材自体が
保湿性を持ちレンズ自体が更に乾きにくくなるのです。よって、含水率が低いこととのダブルの
効果で、乾きの軽減が高い確率で実感できるコンタクトレンズとして評価されています。

潤い効果の仕組み

UVカットと裏表のわかりやすいマーキングも付いています

UVカット

☆スタッフお勧めコメント☆

乱視用でも装用感が良いレンズ。
UVカット付きのシリコン乱視用レンズ。
軸度も豊富で装用感も良いレンズです。

【製品スペック】

交換期限 2週間
ソフトコンタクトレンズ分類 グループⅠ(非イオン性・低含水)
含水率 38%
ベースカーブ 8.6mm
直径 14.5mm
中心厚 0.08mm
レンズデザイン プリズムバラスト
球面度数 -0.00~-6.00(0.25D間隔)
-6.50~-9.00(0.50D間隔)
乱視軸度 乱視度数-0.75、-1.25、-1.75は  10°、20°、60°、90°、120°、160°、170°、180°
乱視度数-2.25は 10°、20°、90°、160°、170°、180°

コンタクトレンズ外来担当医

常勤医師浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)

浪川医師
所属学会
日本眼科学会会員
経歴

平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了 平成17年4月 総合新川橋病院 出向(1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任 現在に至る

主な論文

「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
PDT講習会受講終了認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

非常勤医師安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

安藤医師
経歴

昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務
平成21年1月~新宿東口眼科医 院非常勤医師就任

非常勤医師大木 隆太郎(日本眼科学会認定 眼科専門医)

大木医師
経歴

昭和62年 埼玉医科大学卒業
昭和62年 埼玉医科大学 大学院卒業
昭和63年 埼玉医科大学 眼科学教室医局長
平成18年1月 埼玉医科大学 助教授
平成26年1月 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師寺内 博夫(日本眼科学会認定 眼科専門医)

経歴

昭和56年 帝京大学付属病院
昭和59年 天理よろず相談所病院
平成2年  医療法人永田眼科
平成14年 関西医大付属病院
平成18年 医療法人寺内眼科
平成25年 医療法人永田眼科
平成28年11月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師藤谷 周子(日本眼科学会認定 眼科専門医)専門領域:眼瞼疾患

経歴

平成3年3月 和歌山県立医科大学 
平成3年5月 大阪大学医学部附属病院眼科入局 
平成4年7月 市立堺病院眼科 
平成8年4月 市立豊中病院眼科 
平成21年4月 聖路加国際病院眼科 
平成25年4月   ほしあい眼科 
平成29年9月 ~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

非常勤医師青柳 蘭子(日本眼科学会認定 眼科専門医)

経歴

平成19年 日本大学医学部卒

平成20年4月 昭和大学付属豊洲病院(初期研修)
平成23年4月 町田市民病院
平成26年4月 東京労災病院
平成29年9月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)