コンタクトレンズ外来メニュー▼

メダリストワンデープラス

  • ボシュロム
  • 1日使い捨て
ボシュロム/メダリストワンデープラス

医療用具承認番号:21700BZY00170000

ボシュロムのコンタクトレンズ
ボシュロムというメーカーは、使い捨てがまだ主流ではなかった頃は「オプティマシリーズ」というとても人気のあったレンズを作っていました。使い捨て初期でも、「メダリスト」という2週間使い捨てを出しとても多くのユーザーを獲得し、「メダリストプラス」という名前に変わった今でも愛用者は多くいます。そのボシュロムが作ったレンズですから、とても良いレンズで設計にもこだわりがあります。

非球面設計

メダリストワンデープラスは レンズのカーブに非球面設計を採用しています。球面レンズ表面のカーブは、コンパスで描いた円のカーブで幾何学中心は一点です。このレンズを光が通ると中心部と周辺部で焦点が合う位置にズレが起り、メガネやコンタクトでは度数が強くなればなるほどズレが大きくなってしまいます。(これを球面収差と言います。)それに対して非球面設計はカーブの幾何学中心が無数にあり、中心部を通った光も周辺部を通った光も同じところで焦点を結ぶようになります。よって、見え方が安定し特に、夕方から夜になってもかすんだりする事が少なくなるそうです。夜の運転などでかすむ感じがする方は是非一度お試しして下さい。

潤い効果

メダリストワンデープラスはレンズデザインが涙をレンズ全体に浸透しやすくしており、
また、素材や保存液の保湿成分の効果により長時間装用しても乾燥感を押さえてくれます。

【製品スペック】

交換期限 1日
ソフトコンタクトレンズ分類 グループⅡ(非イオン性・高含水)
含水率 59%
ベースカーブ 8.6mm
直径 14.2mm
中心厚 009mm (-3.00Dの場合)
製作範囲 -0.25~-6.25(0.25D間隔)
-6.50~-9.00D(0.50D間隔)
+0.25~+5.00D(0.25D間隔)
※プラス度数は30枚入りのみ
常勤医師:浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会会員
経歴 平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任
現在に至る
主な論文 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など
院長:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
経歴 ●資格
PDT講習会受講終了認定医

●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務

眼科診療経験13年
非常勤医師:安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)
安藤先生
経歴 昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務
平成21年1月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任
非常勤医師:大木 隆太郎(日本眼科学会認定 眼科専門医)
大木先生
経歴 昭和62年 埼玉医科大学卒業
昭和62年 埼玉医科大学 大学院卒業
昭和63年 埼玉医科大学 眼科学教室医局長
平成18年1月 埼玉医科大学 助教授
平成26年1月 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任
非常勤医師:三宅 正裕(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜硝子体学会
日本ロービジョン学会
日本眼循環学会
経歴 平成18年3月 大阪市立大学医学部卒業
平成18年 京都大学医学部付属病院勤務
平成18年 天理よろづ相談所病院勤務
平成27年 京都大学大学院卒業
診療日 毎週土曜 11:00~13:45

視能訓練士(常勤3名/非常勤1名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)