コンタクトレンズ外来メニュー▼

コンタクトレンズのトラブルで来院される方へ

新宿東口眼科医院からのメッセージ

コンタクトレンズで起こる眼トラブルには必ず原因があり、その原因として

眼科を受診せずコンタクトレンズを購入している
ベースカーブやサイズ、度数が合っていないコンタクトレンズを装用している
・コンタクトレンズのケア方法を知らず、自己流で使用している
・痛みや異物感があってもコンタクトレンズの装用を中止していない

等、不適切な使用方法をしていることが考えられます。

コンタクトレンズによる眼トラブルを防ぐためには、必ず眼科を受診して処方箋をもらって、コンタクトレンズを作成するようにすることが大切です。

眼科では、安全なコンタクトレンズの紹介をしております。患者様の眼にどのような素材のレンズが合っているのか、ベースカーブや度数は適切かどうか、様々なレンズの中から患者様のご希望を聞きながらレンズの選択をしていきます。
また正しい使用方法やケア方法のご説明もしております。
診察では医師が眼の状態をきちんと確認し、眼の健康状態に合わせたコンタクトレンズの使用方法をご提案することができます。

眼トラブルの中には自覚症状のないものもあります。
眼科で処方されたコンタクトレンズを使用している場合であっても、定期健診を怠ると眼にレンズが合わなくなっていたり、眼が不健康な状態になっていたりしていることに気づかず、知らず知らずのうちに不適切な使用方法となっている場合もあります。
しっかりと定期健診を受けていれば、眼が危険な状態であった場合にすぐ対処ができ、重篤な眼疾患に進行するのを防ぐことができます。

コンタクトレンズは、安全なものを正しい方法で無理なく使用すれば、とても便利なツールです。しかし、一歩間違えると失明に至るような重篤な眼障害を引き起こすこともあります。

新宿東口眼科医院では、安全なカラーコンタクトレンズやサークルレンズのご紹介・処方、また初めてコンタクトレンズを使用する方への装用指導も行っております。
コンタクトレンズを使用してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

常勤医師:浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会会員
経歴 平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任
現在に至る
主な論文 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など
院長:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
経歴 ●資格
PDT講習会受講終了認定医

●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
非常勤医師:安藤 祐子(日本眼科学会認定 眼科専門医)
安藤先生
経歴 昭和63年 東海大学 医学部卒
平成元年 国立東京第二病院勤務
平成6年 総合新川橋病院眼科勤務
平成21年1月~新宿東口眼科医院 非常勤医師就任
非常勤医師:大木 隆太郎(日本眼科学会認定 眼科専門医)
大木先生
経歴 昭和62年 埼玉医科大学卒業
昭和62年 埼玉医科大学 大学院卒業
昭和63年 埼玉医科大学 眼科学教室医局長
平成18年1月 埼玉医科大学 助教授
平成26年1月 新宿東口眼科医院 非常勤医師就任

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)