新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

白内障

※治療法、治療薬、検査に関しては、全て医師の判断となりますのでご理解の程宜しくお願い致します※

白内障とは

白内障のしくみ
正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし、加齢などが原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性し、濁ってくることがあります。これが「白内障」です。水晶体が濁ると、光がうまく通過できずに乱反射し、網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

白内障の種類

先天性白内障 生まれたときから水晶体が濁っているタイプ。
加齢性白内障 年を重ねるに従って水晶体が濁っていくタイプ。白内障の90%を占める。
併発白内障 ほかの目の病気に伴って発症するタイプ。
糖尿病性白内障 高血糖により、ソルビトールという物質が水晶体に蓄積して濁ってしまうタイプ。
皮膚病性白内障 アトピー性皮膚炎などの皮膚病に白内障を合併するタイプ。
薬による白内障 ステロイド剤を長期間使い続けることにより水晶体の混濁を招くタイプ。
外傷性白内障 眼球に強い外傷を受けることにより生じるタイプ。
後発性白内障 白内障術後、水晶体後嚢に濁りが生じるタイプ。

白内障の症状

目の中のレンズが濁ることにより、以下のような症状がでます。

  • かすんで見える
  • 明るいところへ出ると眩しく見にくい
  • どんなに調整しても眼鏡があわない
  • ぼやけて二重・三重に見える
    (*濁りの程度や性状により、症状には個人差があります )

白内障だけでは痛みや異物感・充血などがでることはありません。

さらに詳しい解説は「白内障専門治療」ページ

白内障の原因

白内障は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加によりおこるとされています。白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。
目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などでは若いうちからの発症が多いことが知られています。その他にも遺伝、紫外線、放射線や赤外線照射、ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用、ブドウ膜炎などの目の病気よる続発性白内障、網膜剥離や硝子体手術、緑内障手術のあとなどにも進行しやすい傾向があります。生まれつきに水晶体の濁りのある先天性白内障の場合もあります。

白内障の検査

視力検査

視力検
視力を測定し、今現在の見え方を確認します。
また、めがねの度数、見え方を測定し、昔よりも近視や遠視が進んでいるのかどうか確認することにより、白内障の影響をどれだけ受けているのかみていきます。

前眼部検査

前眼部検査スリットにて、白内障の混濁がどの程度なのかみます。

散瞳検査

散瞳検査眼底に異常がないかどうかみます。

紫外線と白内障

紫外線による目の障害は、雪目翼状片、白内障の3つが知られています。少しずつとはいえ、紫外線による濁りが積み重なっていくと、年を取ってから白内障になってしまうことになります。

白内障の予防

定期的な眼科受診、健康的な食生活、たばこ、お酒の飲みすぎを控えること、サングラスや紫外線カットコンタクトレンズ、帽子などを利用し、賢く紫外線を予防することが大切です。

白内障の治療方法

白内障が軽度で、あまり視力に影響のない場合は点眼薬や内服薬による進行予防をおこないます。しかし、いったん白内障が進行して水晶体が混濁すると薬などで元の透明性を回復することはできません。したがって、白内障が進行した場合は手術以外に視力を回復する手段はありません。

白内障の手術

白内障手術は水晶体の濁りを取り除き、人工の水晶体である眼内レンズを移植する手術を行います。
網膜や視神経、角膜などの他の部分に問題がなければ、視力低下の回復が期待できます。
手術は局所麻酔で、通常の場合は手術は10~15分程度です。 新宿東口眼科医院では日帰り白内障手術を行っております。

関連疾患

医師のご紹介

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害者認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

掲載インタビュー
新川医師がドクターズファイルに掲載されました新川医師が新宿区ドクターズに掲載されました

視能訓練士(常勤1名/非常勤5名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)

眼の病気について

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索