花粉症の予防法

…生活上の注意点7か条…

1.外出はなるべく避けましょう
風の強い晴れた日は、外出を控えめに(とくに、昼前から午後3時頃までが花粉の飛ぶピーク。この時間帯だけでも、なるべく室内にいたいものです。)
2.マスク、眼鏡、帽子、マフラーを着用して花粉を遠ざけましょう
目・鼻・口から花粉の侵入を防ぐため、プロテクター付のメガネやゴーグル、マスク、スカーフ、帽子を着用することがおすすめです。
また、髪をコンパクトにまとめ、花粉が髪につかないように、気をつけましょう。

 

3.花粉を家の中に入れないようにしましょう
※洋服はここに注意※
服は、花粉がつきにくいスベスベした素材のものを選びましょう。
家に入る前は玄関先で、衣服や髪、持ち物についた花粉をはらいましょう。

 

4.バランスのとれた食生活に改善しましょう
ファストフードや加工食品の摂りすぎに注意して、健康的な食生活を心掛けましょう。
5.刺激物の摂取は控え目にしましょう
たばこやお酒、刺激性の強い香辛料などの摂取は控え目にしましょう
6.ストレスをなくすよう心がけましょう
一定のリズムをもって、身体にストレスを与えない、疲労をためない、バランスのとれた生活をしましょう
7.うがい・手洗いを大切に
帰ったら、手・顔・目・鼻を洗い、うがいをしましょう。目は流水の中でパチパチまばたきをして洗うと効果的です。

▼常勤医師紹介

院長:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
経歴 ●資格
PDT講習会受講終了認定医

●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
常勤医師:浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会会員
経歴 平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任
現在に至る
主な論文 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など

視能訓練士(常勤3名/非常勤1名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)