治療機器/新宿眼科/新宿東口眼科医院



医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


English中文版

新宿東口眼科医院の検査・治療機器の機器のご案内です。

ご予約はこちらから

治療機器

゙
椅子型診察台(イクスフィール)
椅子型診察台(イクスフィール)
患者用回転椅子と診察台がひとつになった椅子型診察台。

眼処置や涙点プラグを行う際に使用します。





グリーンレーザー光凝固装置

グリーンレーザー光凝固装置
光エネルギーを用いて網膜周辺部や黄斑部の蛋白凝固や虹彩切開を行い、眼底疾患や緑内障を治療する機械です。
手術までの流れはこちら


WAC(ワック)

WAC(ワック)
検査器の中の美しい風景を約5分間眺めることにより、目の緊張を解きます(雲霧法)。眼精疲労の軽減、子供の近視の進行予防、内側に寄ってしまった視線を平行に保つ効果があるとされています。


ズーム式ポータブル手術顕微鏡

ズーム式ポータブル手術顕微鏡
小型・軽量・シンプルな操作性という極めて使い易い設計により、コンパクトで持ち運びも可能な汎用性の高い手術顕微鏡です。鏡頭は6-18倍の手動ズーム変倍で手動の微動フォーカス機構があります。
手術までの流れはこちら


涙点プラグ 涙点閉塞による治療
涙は目の表面から蒸発する以外はほとんどが涙点から鼻に出る為、涙点を閉じて涙の流出を抑え、涙を眼の表面に十分に溜める方法です。当院では3種類の涙点プラグを利用した治療をしております。


(1)スーパーフレックスプラグ(ホワイトメディカル)承認番号21200ZY00283000
サイズが豊富なので、小さな涙点から大きな涙点まで対応できます。
スーパーフレックスプラグ


(2)コラーゲン製涙点プラグ(キープティア)承認番号21900BZZ00027000
コラーゲン製涙点プラグ(キープティア)
コラーゲン製涙点プラグは生体適合性の高いアテロコラーゲンを使用しており、体温によりゲル化する特性を利用して、充填時には液状のため簡単に充填でき、涙小管内ではやわらかいゲルとなり刺激が少なく、かつしっかりと涙点を閉鎖できます。

(3)パンクタルプラグF
パンクタルプラグF

(製造販売元:株式会社トーメーコーポレーション)は、新型のシリコン製プラグです。
挿入前はプラグが細長くなっており、涙点サイズの計測を行わなくとも挿入が容易にできるようになっています。
また挿入用のインサーターに予めプラグがセットされているため、挿入しやすく、挿入時の埋没等のリスクも軽減されています。



角膜ドリル
角膜ドリル
角膜の鉄片異物除去後の錆びを除去するのに非常に便利で、振動やドリルのブレがないので角膜顕微鏡で観察しながら操作することができます。


アイホット
アイホット

アイホットの赤色光と温熱は、目のマイボーム腺を温めるマイボーム腺の油分の分泌を促進させる効果がある他、目の疲れを癒すのに最適です。また、0.7ミクロンの赤色光は近赤外線と同等以上の皮膚への 浸透力を持っていますので、眼瞼の皮下組織を素早く温めることが出来ます。


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩