逆まつげ/新宿東口眼科医院

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

03-5363-0507

逆まつげ


さかさまつげとは
゙

通常まつげが通常外側に向いていますが、眼球の方をむいている状態のことをさかさまつげといいます。症状としては、まつげの並び方が不揃いであるため、まつげの一部が黒目である角膜に触れて刺激され、涙が出る、目やにが出る、まぶしい、充血、異物感、痛みなどの症状があります。程度が強くなると、黒目が濁ったりして視力低下が生じる事もあります。

さかさまつげの原因
゙

まつげが角膜方向を向く原因として、まぶた自体が内向きにまくれている眼瞼内反と、まぶた自体には問題はないものの、毛根からのまつげの生え方がまばらであるために角膜側を向く睫毛乱生とがあります。
眼瞼内反には、先天性と加齢によるものが多く、加齢性だとまぶたの皮膚の過剰やたるみ、皮下筋肉の筋力低下などによるものがあります。一方、先天性の場合、まぶたの内反の程度が軽く、皮膚や皮下脂肪が過剰であり、まつげが内側に生えていると、睫毛内反と呼ぶことがあります。加齢性、先天性の他に、炎症が起きた結果、まぶたが変形して起こる瘢痕性眼瞼内反、まぶたが痙攣して起こる痙攣性眼瞼内反などがあります。
睫毛乱生は眼瞼縁炎など、まつげの毛根部の炎症が原因となることが多く、1本から多数のまつげが角膜にあたります。

治療法
゙

先天性の眼瞼内反・睫毛内反の場合、成長と共に1歳前後で自然に治癒することがほとんどであるため、抗生剤など点眼薬で経過をみるのが普通です。2歳以上で治らない場合には、成長に伴い自然治癒することも期待できますが、症状の強さ次第では手術が必要となることがあります。加齢性の眼瞼内反では、まつげを抜くと一時的に症状は改善しますが、まつげが生えると症状が出るため、同じことの繰り返しになってしまいます。まつげを抜く本数が少なくても、症状が繰り返せば炎症が再発する恐れや、さらに太いまつげが生えてくることもあります。
手術としては、まつげの毛根を電気の針で焼く睫毛電気分解や冷凍凝固、糸をまぶたの中に縫いこむことで、まつげの外側を根元に起こす埋没法、皮膚と皮下組織を切除して瞼板に縫い付ける切開法、高齢者の方に下瞼に行う眼輪筋短縮術など病状に合わせて手術方法を選択します。

※気になる点があった方は、当院にご来院されれば、検査の上、担当医師が説明をさせていただきます。

一般外来の予約をする(初めての方でもご予約可能です。)


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名
医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩