検査内容/新宿東口眼科医院/



医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


English中文版

検査機器

最新の検査機器で診断をさせて頂きます。

ご予約はこちらから

゙

OCT
(光干渉断層計)

赤外線を利用した眼底の検査機器で、これまでに行えなかった網膜断面の観察ができるようになり、網膜疾患、特に黄斑部病変の精密な診断が早期かつ正確に行うことがきます。
OCT

検査結果例
・正常 
正常

・黄斑浮腫
黄斑浮腫

屈折検査
屈折検査
オートレフケラトメーターで近視、遠視、乱視の度数、屈折状態を他覚的に測り、角膜の形状(曲率半径)を測定します。

眼圧検査
眼圧検査
眼圧(目の堅さ)を測定します。機器は非接触式(ノンコンタクトトノメーター)と、接触式(アプラネーショントノメーター)があり、通常は非接触式の、目に空気を当てる方法で測定します。
緑内障の早期発見、治療にも必要です。

矯正視力検査
矯正視力検査
裸眼の視力、視力表による遠方(年齢によっては近方)矯正視力の測定をします。
目の病気による視力異常の確認、眼疾患の早期発見につながります。治療の経過にも重要な検査となります。

細隙灯顕微鏡検査
細隙顕微鏡検査
スリットランプマイクロスコープによる前眼部(角膜・結膜等)の観察。
角膜や結膜、水晶体、虹彩、硝子体の前部などの状態を観察する検査です。

隅角検査
隅角検査
急性(閉塞隅角)緑内障を起こしやすい狭隅角かどうか、また、その程度を把握することができます。また、隅角の状態を見ることで、緑内障のレーザー治療が必要な人もわかります。散瞳検査が安全に出来る点眼薬(目薬)確認にも使われます。

眼底検査
眼底検査
目の奥の眼底(網膜・硝子体等)の状態を観察します。より詳しく調べるには、目薬をさして瞳孔を広げる散瞳検査を行います。
散瞳検査後は数時間ピントが合わせにくくなったり視界が眩しく感じるため、お車の運転は避けてください。
※散瞳検査をご希望の方は受付終了時間の1時間前までにご来院ください。

蛍光眼底撮影装置
蛍光眼底撮影装置
網膜などの眼底の写真を撮る機械です。網膜血管・組織は透明ですが、蛍光剤を血管内に送り込むと蛍光を発するので病的毛細血管、新生血管まで明確に血流状態を写し出す事が出来ます。そのためより精密な眼底写真を撮る事が出来ます。


色覚検査(石原色覚検査)
色覚検査
色覚異常がある方にわかりにくい色の組み合わせを使って描かれた表(主に数字)を読み取ってもらい、色覚異常の有無を調べます。


視野検査
視野検査
FDTスクリーナー、ハンフリー視野計、ゴールドマン視野計などを用いて、視野が欠けていないか、狭くなっていないかを測定します。
緑内障、網膜疾患などの早期発見、検査に必要です。
※視野検査をご希望の方はご予約をお取り下さい。



角膜内皮細胞検査
角膜内皮細胞検査
スペキュラーマイクロスコープを用いて、角膜内皮細胞の数や大きさ、形を検査します。
白内障術後や、近視矯正術後(レーシック)、コンタクトレンズの長期装用などにより角膜の細胞数が減少することがあります。
角膜内皮が障害を受けると、角膜全体が白く濁っていきます。角膜内皮細胞は、一度障害を受けて減少すると元に戻ることはありません。


アムスラーチャート
アムスラーチャート
専用の図を見て頂き、中心部分およびその周囲15度の範囲に変視がないかをお調べします。


フリッカー・ミニU
フリッカー・ミニU
フリッカー・ミニUは中心フリッカー値(Critical Fusion Frequency  C.F.F.)を測定することが出来、視神経疾患の有無を判定します。
アデノアイ
アデノアイ
はやり目の可能性が高い場合に行う検査です。はやり目の原因であるアデノウイルス抗原を迅速に検出する試薬により、
アデノウイルスによる感染の有無を確認してます。

アレルギー検査
イムファストチェック
指先等からのごく微量の血液で、スギ、ネコ、ダニの三項目の原因物質がその場で判定できます。
特異的IgE(MAST33アレルゲン)
採血による少量の血液で、33項目のアレルギーの原因が1度の検査でわかります。検査結果は1週間後にお渡し致します。

院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩