硝子体混濁/新宿東口眼科医院

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


硝子体混濁

硝子体混濁の解説です。
当院では、散瞳眼底検査OCT(光干渉断層計)などにより、混濁の原因を探索します。

ご予約はこちらから



硝子体混濁とは

硝子体混濁とは、本来透明である硝子体に何らかの原因で濁りが生じることです。

原因 

原因は様々ですが、ぶどう膜炎などの炎症性疾患が最も頻度の高い原因です。その他に網膜剥離や硝子体出血など、原因は様々です。


特徴

硝子体の濁りによって光が遮られるため、飛蚊症や、視力障害を起こす場合もあります。

検査

視力検査をして、その後眼底の詳しい検査をします。

●眼底検査・・・眼底にある網膜やその手前にある硝子体の状態をくわしく調べるために行います。検査の前に目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしくて近くが見えない状態が約3時間続きますが、自然に元に戻ります。硝子体混濁が強い場合は通常の眼底検査が難しいため、光干渉断層計によって網膜の状態を確認します。

OCT(光干渉断層計)
OCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計)とは、網膜(カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断層画像を撮影する検査です。このOCT検査により、診察だけでは分かりにくい網膜の状態を明らかにし、網膜の病気に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立てることができます。 OCTを必要とする代表的な疾患は、黄斑円孔、黄斑前膜、糖尿病黄斑症、黄斑浮腫、加齢黄斑変性、網膜剥離、緑内障などです。血液検査や胸部X線検査、ツベルクリン検査などを行って全身疾患の有無から原因を調べる必要がある場合、内科や呼吸器科など眼科以外の科に受診してもらうこともあります。また硝子体の一部を手術によって切り取り生体検査を行い原因を特定する手法もありますが、その場合は大学病院等を紹介させて頂く様になります。

治療

真菌性眼内炎には抗真菌薬投与、ぶどう膜炎には抗ウイルス薬投与といった混濁の原因疾患の治療が基本です。しかし、非感染性のものでは、原因疾患の特定は容易でないことも多く、主に対症療法として、ステロイド薬や免疫抑制薬の投与を行います。硝子体への手術が必要な場合は大学病院等他院を紹介させて頂く様になります。


関連疾患
硝子体出血
硝子体混濁
閃輝性融解
星状硝子体症
飛蚊症
網膜剥離
ぶどう膜炎

症状が気になる方は受診の上、医師にご相談下さい。

※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
  予約方法


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩