乱視/新宿東口眼科医院/新宿区新宿駅前/新宿の眼科

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

 

乱視

乱視の症状・原因の説明です。
当院では、主に「メガネ」「コンタクトレンズ」で治療を行なっております。

ご予約はこちらから


乱視
乱視とは近視・遠視と同じ屈折異常のひとつです。角膜や水晶体の曲率(カーブ)が均一でないことから、屈折が強い方向、弱い方向が発生し、眼の中で像が1点に結像しない状態です。
通常の正乱視と、円錐角膜翼状片による角膜表面の不規則な歪みや、水晶体の亜脱臼、白内障などから生じる不正乱視があります。正乱視は円柱レンズで矯正が可能ですが、不正乱視は円柱レンズでは矯正が出来ません。

 

原因
乱視の原因は、先天性のものと後天性のものに分けられます。

<先天性の原因>
遺伝によるものや、母親のお腹の中にいる時の状態や、出産の時の対処などが考えられます。

<後天性の原因>
円錐角膜」や「角膜炎」などの眼科疾患が原因で、乱視をひきおこす場合があります。この場合、乱視の中でも、角膜の表面が不規則にゆがむ「不正乱視」になります。コンタクトレンズによって、矯正することが可能ですが、重度の場合には、角膜移植の手術が必要になることもあります。
「さかさまつげ」が原因で乱視になる場合もあり、眼に向かって生えてしまったまつげが角膜を傷つけてしまうことでおこります。角膜を傷つけると、角膜炎などの眼科疾患を招くことになり、乱視の引き金となることがあります。
また、近視の初期の段階の時に、遠くのものを無理に見ようとして目を細めることで、眼の周りの筋肉に角膜が押しつぶされて変形する場合があります。ですから、予防のためにも、眼を細めることはなるべく避けたいものです。
他にも、偏った眼の使い方が原因の場合もあります。長時間のパソコンの使用は、水晶体の動きを悪くしてしまいますので、時々、遠くを見たり眼球を動かしたりして、水晶体がゆがまないように注意しましょう。


 
症状

乱視の主な症状としては、近くも遠くも見えにくくなる「視力障害」や、片眼で見ても物が二重に見える「単眼複視」や、乱視を調整しようとして眼が疲れる「眼精疲労」などがあります。ひどくなると、頭痛や肩こりなども引き起こします。特に、夜間になると見えにくくなり、物ががにじんで見えたり、文字がかすんで見えたりするようです。遠くも近くも見えにくい場合は、近視や遠視を併発していることも多いです。
また、乱視の種類によっても、見え方が変わります。たてに歪む場合もありますし、横に歪む場合もあります。
具体的な例として、夜間の運転中に、標識や前の車のナンバーが見えにくいなどの症状があったときには、乱視を疑いましょう。

 
治療
乱視の矯正・治療方法には、「メガネ」「コンタクトレンズ」「手術」「レーザー」などがあります。
1番手軽で、安全な矯正方法であるメガネは、だいたい「正乱視」のような一方向だけを矯正する場合に使われ、「円柱レンズ」というものが使用されます。角膜の湾曲が強い方向からの、光の屈折をこのレンズで調整します。
しかし、メガネは角膜の表面がデコボコしている「不正乱視」には使用できませんので、不正乱視の矯正にはハードコンタクトレンズを使用するのが一般的です。
もちろん、正乱視の矯正にもコンタクトレンズは有効であり、最近では乱視用のコンタクトレンズが多く販売されているので、コンタクトレンズの場合は自分の乱視に合わせて、ハード、ソフト、使い捨てソフトから選べます。
その他、メガネやコンタクトレンズが使えない人には、手術やレーザーによる治療が有効です。レーシック手術は、角膜の光の屈折率を調整するので、近視の矯正と一緒に乱視の治療もできます。



上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
当院では網膜・硝子体の担当医による診察を行っております。
 
関連疾患
近視・遠視
仮性近視
老視
視力低下
弱視
円錐角膜

※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
  予約方法


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩