シリコン製涙点プラグ(スーパーフレックスプラグ)/新宿東口眼科医院



医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


シリコン製涙点プラグ(スーパーフレックスプラグ 医療用具許可番号:21200BZY00283000)

゙
涙点プラグ
涙点プラグはドライアイおよびシェーグレン症候群の治療に使われる医療用器材となります。
主に涙液量が少ない疾患に有効な治療方法のひとつで、瞼の上下にある涙点をプラグで閉鎖する事で涙液を溜めておけるようにします。
当院で使っているスーパーフレックスプラグ(米国イーグルビジョン社製、国内輸入販売元ホワイトメディカル)は、フィット性、保持性、快適性に優れており、定評のある製品です。


スーパーフレックスプラグ
スーパーフレックスプラグは、直径が0.4〜1.1ミリと幅広く、ほとんどの方の涙点サイズに合わせる事が可能です。

スーパーフレックスプラグ
涙点プラグを挿入する前に、涙点の大きさを計測するため、左のプラグケージングシステムを使います。
涙点プラグの挿入は事前に点眼液による麻酔を行った後実施しますので、痛みもなく、麻酔から挿入まで20分〜30分程度で終了します。




上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
当院では月曜日(〜17:00)・火曜日(〜13:45)・水曜日(終日)・木曜日(終日)・土曜日(〜17:00)にドライアイ専門治療での診察を設けております。



院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩