星状硝子体症/目の病気/新宿の眼科/新宿東口眼科医院

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


星状硝子体症
星状硝子体症
星状硝子体症の症状・原因の説明です。
当院では、瞳孔を広げて眼の奥(眼底部)を詳しく診る眼底検査をしております。

ご予約はこちらから




星状硝子体症とは

星状硝子体症(アステロイドハイアローシス)は片眼性で非炎症性の変化であり、小さなカルシウム等の球状の粒子が、正常な硝子体の中に蓄積する疾患です。

星状硝子体症


星状硝子体症


原因

原因自体は今のところ不明です。糖尿病、高血圧、アテローム性動脈硬化症、痛風、および遠視に合併して発症すると言われています。

特徴

視力低下はなく、それ自体はほぼ無害です。人口の約1%に存在していると言われています。特に高齢者、男性に多く発症します。

検査

視力検査をして、その後眼底の詳しい検査をします。

●眼底検査・・・眼底にある網膜やその手前にある硝子体の状態をくわしく調べるために行います。検査の前に目薬をさして瞳孔を開きます。光がまぶしく、近くが見えづらくなる状態が約5〜6時間(※個人差があります)続きますが、自然に元に戻ります。全身疾患の有無から原因を調べる必要がある場合、内科や呼吸器科など眼科以外の科に受診してもらうこともあります。

治療

眼底疾患の治療で同時に除去する場合以外では、手術で取ることはしないのが一般的です。


関連疾患
硝子体出血
硝子体混濁
閃輝性融解
星状硝子体症
飛蚊症
網膜剥離
遠視
糖尿病
高血圧
アテローム性動脈硬化
痛風

症状が気になる方は受診の上、医師にご相談下さい。

※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
  予約方法



院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩