眼球打撲/新宿東口眼科医院/駅前眼科

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


眼球打撲

眼球打撲の症状・原因の説明です。当院では、受傷動機を詳しく問診した上で、視力検査眼圧測定をし、散瞳(瞳孔を広げること)のうえ、眼底検査をしております。必要な場合は、視野検査OCT(光干渉断層計)による検査も行い、網膜裂孔が発見されれば、レーザー光凝固術を施工しております。

ご予約はこちらから

眼球打撲
 
眼球に強い外力を受け、眼のそれぞれの組織に血管の損傷や細胞の破壊を生じることです。
 

原因

転んで眼をぶつけた、球技をしていてボールが直接当たった、相手の選手と接触した際に眼を強くうったなど、眼球が急激な外力を受けることが主な原因です。
 
症状

かすみ、充血、眼痛、出血、物がふたつに見える、飛蚊症、視力低下などの症状が出ます。
 

疾患

眼球打撲はさまざまな障害の危険性があります。眼球を打撲して、上記のような自覚症状がひとつでも当てはまる場合は、たとえすぐに症状がひいたとしても、一日も早く眼科専門医による診察を受けて下さい。
強い衝撃で眼球を打撲すると、眼球内出血による、急性緑内障、網膜剥離、緑内障、白内障、骨折を起こしている可能性があります。放置すると、失明してしまう恐れがあります。
急性緑内障の場合、我慢できないような痛み、かすみの症状が現れます。網膜剥離、緑内障、白内障の場合、打撲後しばらく痛み、かすみなどの症状が続きます。

角膜外傷

角膜(黒目)表層の傷のことで、点状角膜症、びらんなどが挙げられます。角膜は体表面でもっとも知覚が過敏な組織なので痛みが強く、目を開けていられないほど涙が出ることもあります。しかし、症状は強いものの、適切な治療をすることで早く軽快することが多いです。

結膜裂傷

結膜(白目を覆う膜)が裂けることをいいます。白目が赤くなる結膜下出血は見た目は派手ですが、出血そのものはほとんどの場合自然に吸収されます。

眼瞼裂傷

眼球に損傷がない眼瞼(まぶた)の裂傷のことです。傷の深さ、ごみなどの異物の有無、感染の有無、眼球周囲の損傷(とくに涙の通り道)の有無により治療法が異なってきます。

前房出血

前房(角膜と虹彩の間)を循環している房水中に血液が溜まっている状態で、視力が低下します。ひどい場合は眼圧が上昇し、吐き気をもよおすこともあります。大抵、数日で吸収しますが、受傷後1週間くらいまでは再出血の危険性があり、この間は運動などを控えるようにしなければなりません。再出血が起これば吸収が遅く、遷延して角膜染色(くろめの裏面が赤く染まる)を起こすようになると手術治療(前房洗浄)をしなければなりません。

隅角解離

眼球を前から押すような外力が加わったときに虹彩(茶目)と水晶体(目の中のレンズ)が後ろに無理やり押し下げられて,虹彩の根元が角膜との間で裂けておきます。後に続発緑内障(眼圧が上がって視野が障害される)や低眼圧黄斑症(不正乱視が出て見えにくくなる)の原因になることがあります。数ヶ月は眼圧の継続的な測定が必要です。

外傷性虹彩毛様体炎

炎症細胞が前房中に出現し、房水が濁ってかすみ目を起こします。炎症を抑える点眼薬を数日〜数週続けます。

水晶体脱臼

水晶体脱臼とは、水晶体が本来あるべき位置からはずれて、前房、硝子体、結膜下等に脱出した状態をいいます。また、水晶体が完全には脱臼しておらず、ずれているものを水晶体亜脱臼といいます。水晶体が完全脱臼し硝子体中・前房中にある場合や、緑内障、ぶどう膜炎などの合併症を起こした場合は、手術で水晶体を摘出します。硝子体中に水晶体が落下している場合、水晶体を破砕吸引します。前房中に水晶体が脱出している場合は、嚢内摘出術にて水晶体を摘出します。

眼窩底骨折

目にボールが当たるなどの強い衝撃が加わることによって起こる骨折です。
目を支えている骨が奧(副鼻腔)へ落ち込むため、眼球が奧へ偏位し、目が引っ込んでいるように見えます(眼球陥凹)。複視が重度でなく、目の動きに制限がなければ様子をみますが
、日常生活の上で不自由を感じるようであれば手術が必要になります。

網膜震盪症

網膜に届くほどの強い外力が加わって起こる浮腫(腫れ)です。1週間位で回復します。

 
検査

視力検査、眼圧測定をし、眼底部の写真撮影も行います。また、瞳孔を開いて眼底部の精密検査を行い、必要な場合は視野の検査も行います。(目の動きに制限や、ものが二重に見える度合いが強ければ、斜視検査を行う場合もあります。)

治療

前房出血や網膜剥離の場合、手術を行う場合もあります。症状に応じて患部を冷やす、点眼などの治療を行います。

 
関連疾患
網膜剥離
白内障
緑内障
角膜びらん
結膜下出血
虹彩毛様体炎

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
予約方法


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩