弱視/新宿東口眼科医院/新宿駅東口から徒歩1分

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院




弱視

弱視は小児の目に正確な視覚情報が届かない事によって起こります。
当院では、眼鏡処方や点眼による治療を行ないます。

ご予約はこちらから



眼鏡・コンタクトレンズによる矯正視力が0.3未満の場合、弱視と判定します。

原因

先天的または後天的な要因で、乳幼児期に適切な光刺激を受けることができないと、視力は十分に発達しません。両眼の視覚情報があまりに異なると(不同視・斜視・先天性白内障など)、見えづらい方の視覚刺激を抑制する機能が人体にあるため、抑制が起こった眼では視力の発達が不十分となり弱視となります。
 
症状

「不同視弱視」などの例では、片眼が見えていないのは生まれつきであるために、本人も親もそのことに違和感を覚えず気付かないまま成長してしまうことが割りと多いのです。
そのため、弱視であることを小学校の入学健診ではじめて知る場合も少なくありません。
治療の有効年齢は5〜6歳までです。それ以降は、治療を受けても一生 弱視になる可能性が非常に高くなります。

 
予防

3歳児健診での早期発見・早期治療が必要です。

 
治療

5〜6歳までであれば眼鏡や視能訓練などにより殆どの回復は可能です。左右の視力に格差がある弱視にはアイパッチ治療などがあります。
弱視治療は、眼鏡による屈折矯正が基本です。眼鏡で矯正して網膜にピントをきちんと合わせ、鮮明な像を脳に送り、視機能の発達を促すことが治療の基本となります。
片方の目のみが特に視力が悪い場合には、健全な方の目をアイパッチと呼ばれる大きな絆創膏のようなもので遮閉したり、やはり良い方の目に散瞳作用のある目薬を点眼しわざと見えにくくして、悪い方の目の視力の発達を促す方法も多くとられます。
正しい屈折矯正をすれば視力が1.0でる眼になり、良好な両眼視の獲得ができたら、弱視が治ったと言えます。ここでいう視力とは、あくまでも矯正視力のことであり、裸眼視力ではありません。

 
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
 
 
関連疾患
近視・遠視
乱視
老視
視力低下
仮性近視

※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
  予約方法


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩