VDT症候群 /新宿東口眼科医院


医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


VDT症候群

VDT症候群は、コンピュータのディスプレイなど表示機器を使用した作業を長時間続けたことにより、目や体、心に支障をきたす病気のことです。当院では、点眼やアイホットによる治療を行なっております。

ご予約はこちらから

VDT症候群


コンピュータのディスプレイなど表示機器(総称して Visual Display Terminal、VDT と呼ばれる)を使用した作業(VDT作業ともいう)を長時間続けたことにより、目や体、心に支障をきたす病気のことです。別名テクノストレス眼症とも呼ばれます。


症状

●目の症状 - ドライアイ、充血、視力低下など
●体の症状 - 首、腰、肩のこり、痛みなど
●心の症状 - 食欲減退、不安感、抑うつ症状など


治療

●洗眼・・・目のゴミや埃などの不純物を洗眼液(生理食塩水)で洗い流します。

●点眼・・・ビタミン剤や目の調節力を高める効果がある点眼液をさします。

●目を温める(アイ・ホット)・・・眼球周辺の筋肉をほぐし、血行を促進します。

●目を冷やす(アイスパック)・・・眼球周辺の筋肉を引き締め、充血を防ぎます。

●低周波を当てる・・・低周波の刺激で目の周辺組織を活性化させます。

●マッサージ・・・眼球周辺、頭、首、肩などをマッサージします。
 
予防

1、長時間の作業を行う際には1時間に10分程度の適度な休息を取る。
2、軽い体操をして体をほぐしたり、遠くの景色を見て眼の疲れを取るなどする。
3、ディスプレイの位置を目の高さよりも低くセッティングする。
4、反射光を抑えるフィルターを装着することも有効。
5、室内の照明環境を明るく保つ。 (暗い部屋での作業は避ける。)

 
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
 
関連疾患
ドライアイ
眼精疲労



※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
  予約方法


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩