角膜びらん/新宿東口眼科医院

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院




角膜びらん
角膜びらん
角膜の表面の上皮が部分的にとれた状態を「びらん」といいます。
当院では、抗菌点眼薬、抗菌薬の眼軟膏での治療を行なっております。

ご予約はこちらから

角膜びらん
 
角膜の表面の上皮が部分的にとれた状態を「びらん」といいます。角膜潰瘍と違い軽症で、視力障害の後遺症は残らないのが一般的ですが、この角膜びらんを繰り返す再発性角膜びらんという状態になる人もいます。

 

原因

多くは外傷、異物飛入、コンタクトレンズ障害など、外的な要因で起こります。
また、糖尿病などの内的な要因でも起こります。(糖尿病においての眼の合併症としては網膜症がよく知られていますが、糖尿病の人では普通の人と比べて角膜の上皮が脱落しやすくなっています。)
 
症状

眼のころつき、痛み、白眼の充血が起こります。涙もたくさん出ますが、目やにはあまり出ません。
再発性角膜びらんの人はこれらの症状がとくに強く、また、朝起きた時に突然起こるのが特徴です。
 
治療

症状が非常に軽い場合は、感染予防の抗菌点眼薬をするだけということもありますが、通常は抗菌薬の眼軟膏(がんなんこう)を塗布して、眼帯をします。びらんの大きさにもよりますが、通常は数日で治ります。
再発性の場合は、1回ごとの治療は単純なびらんと同じですが、より痛みが強く、また、いったん治った直後に再発することもあるため、治療的に保護用のソフトコンタクトレンズを使用することもあります。



関連疾患

アカントアメーバ角膜炎
角膜ヘルペス
角膜ジストロフィー
角膜潰瘍
角膜デルモイド
角膜輪部フリクテン
角膜実質炎
タイゲソン角膜炎
角膜混濁

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
  予約方法


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩