血管新生緑内障/新宿東口眼科医院/新宿駅前眼科



医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


血管新生緑内障

血管新生緑内障の症状・原因の説明です。
当院では、緑内障専門治療を設け、ゴールドマン視野計光干渉断層計(OCT)眼底三次元解析装置(HRTU)を装備し、精密な緑内障の動態の把握と治療経過の評価をもとに、質の高い緑内障治療を行っています。

ご予約はこちらから


血管新生緑内障とは

血管新生とは新しい血管ができることです。血管新生緑内障の場合は、新しい血管が目の虹彩や前房隅角に生じ、房水の流れをふさぐことが原因で、眼圧が上昇して起こります。


原因

血管新生緑内障は糖尿病患者特有の緑内障です。糖尿病の患者さんの血液は、糖が多く固まりやすい状態になっている為、網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて、眼底出血を起こしたりします。その為、血液の流れが悪くなり、網膜に酸素や栄養素が不足し、それを無理に補おうと新生血管という異常な血管が生じてしまうことがあります。


自覚症状

一般的に自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。視神経の障害はゆっくりと起こり、視野(見える範囲)も少しずつ狭くなっていくため、目に異常を感じることがありません。しかし、急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し、目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状を起こします。時間がたつほど治りにくくなるので、このような急性閉塞隅角緑内障の発作がおきた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。


治療方法


糖尿病網膜症の早い段階で、レーザーの治療を適切な時期に受けていることがとても重要です。虹彩に血管ができてしまう血管新生緑内障を発症してしまうと、薬で眼圧を下げるのがとても困難で、手術をすることになります。しかし、手術での効果を持続するのも難しく、失明に至るケースも多いです。


関連疾患
緑内障
原発性閉塞隅角緑内障
原発性開放隅角緑内障
正常眼圧緑内障
続発性緑内障
先天性緑内障
発達性緑内障
ステロイド緑内障
悪性緑内障
ポスナーシュロスマン症候群
外傷性緑内障
混合型緑内障
糖尿病網膜症



症状が気になる方は受診の上、医師にご相談下さい。

※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
予約方法


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩