ステロイド緑内障/新宿東口眼科医院



医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


ステロイド緑内障

ステロイド緑内障の症状・原因の説明です。
ステロイド剤の副作用で発症するタイプの緑内障です。

ご予約はこちらから


ステロイド緑内障とは

ステロイドホルモンを含む薬物を継続的に使用すると房水流出が障害されて眼圧が上がることがあり、これをステロイド緑内障と呼びます。ステロイド剤が原因であることを除けば病態は原発性開放隅角緑内障と同じです。ステロイドの中止によって房水流出が正常化して眼圧が下がることが多いのですが、もともと原発性開放隅角緑内障などの緑内障が存在していたと思われるケースもあり、必ず眼圧が正常化するとは限りません。眼圧の状態によって降圧治療が必要になります。この緑内障の起こりやすさには薬物の種類・投与方法と体質が関係することがわかっています。

イメージ


原因

内服などの全身投与と比べると点眼や眼瞼への軟膏塗布などの局所投与の方が眼圧上昇をきたしやすいといわれています。眼圧が上昇しやすい体質の人をsteroid responder(反応しやすい人という意味)と呼びます。Responderの人は強いステロイドの点眼薬を1〜2週間続けただけで眼圧が高くなってしまうことがありますが、responderでなくても長期にわたるステロイドの使用は眼圧を上昇させる危険があります。ステロイド剤は白内障術後やぶどう膜炎などの眼内炎症の場合はもちろん、花粉症などのアレルギー性結膜炎やアトピー性皮膚炎などかなり広範囲の疾患に使用されていますので、連用する場合には定期的な検査が必要です。


治療方法

ステロイド薬に起因する眼圧上昇の場合は、可能な場合はステロイド薬をやめることで眼圧が下がることが多いようです。


関連疾患
緑内障
原発性閉塞隅角緑内障
原発性開放隅角緑内障
正常眼圧緑内障
続発性緑内障
先天性緑内障
発達性緑内障
悪性緑内障
血管新生緑内障
ポスナーシュロスマン症候群
外傷性緑内障
混合型緑内障



症状が気になる方は受診の上、医師にご相談下さい。

※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
予約方法


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩