混合型緑内障/新宿東口眼科医院



医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


混合型緑内障

混合型緑内障の症状・原因の説明です。
いくつかの要因によって眼圧が上昇して発症したタイプの緑内障です。

ご予約はこちらから


混合型緑内障とは

いくつかの要因によって眼圧が上昇し、発症するタイプです。開放隅角緑内障に隅角閉塞が起こったもの、炎症により隅角閉塞をきたしたもの、白内障などで水晶体が大きくなったもの、開放隅角緑内障網膜中心静脈閉塞症が起こり後に隅角血管新生を来たしたものなど、様々な原因があります。


イメージ


治療方法


実際にはそれぞれの要素に対して必要な治療を行うということになります。 例として、開放隅角緑内障の治療は、まず薬物による眼圧下降が選択されます。点眼治療から開始し、効果が不十分な場合、内服薬、レーザー治療、手術と順次病気の進行によって選択されます。点眼薬はまず1剤から開始し、眼圧下降の効果をみながら追加していきます。正常眼圧緑内障の場合、眼圧は正常範囲内ですが、多くの場合緑内障の進行に眼圧が関わっているとされることから、眼圧が極めて低い場合を除いて薬物による眼圧下降治療を行います。薬物・レーザー治療・手術治療を問わず、眼圧を10〜12mmHg程度にコントロールすることで視野異常の進行を止めるのに効果的だとされています。


関連疾患
緑内障
原発性閉塞隅角緑内障
原発性開放隅角緑内障
正常眼圧緑内障
続発性緑内障
先天性緑内障
発達性緑内障
ステロイド緑内障
血管新生緑内障
ポスナーシュロスマン症候群
外傷性緑内障
悪性緑内障



症状が気になる方は受診の上、医師にご相談下さい。

※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
予約方法


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩