ぶどう膜炎/新宿東口眼科医院

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


ぶどう膜炎

イメージ
ぶどう膜炎の症状・原因の説明です。当院では、点眼液等で治療を行っております。
必要に応じて総合病院などを紹介する場合もあります。

ご予約はこちらから


ぶどう膜とは脈絡膜・毛様体・虹彩の3つの組織から成り立っており、その特徴は眼球の他の部分より血管が多いことと網膜と接していることです。これらのぶどう膜の組織が何らかの原因で炎症を起こした状態を「ぶどう膜炎」といいます。

原因

ぶどう膜炎を引き起こす代表の3つは、ベーチェット病、サルコイドーシス、原田病ですが、その他にも膠原病、糖尿病、脳疾患等によっておこることもあります。「炎症」とは細菌等の進入に対して体が起こす自己防衛反応で、先に述べた様に血管の多いぶどう膜に起こりやすい病気とも言えます。


症状

眼痛・かすんで見える・まぶしく感じる・充血・視力低下・飛蚊症などの症状が現れます。

3大ぶどう膜炎

@ベーチェット病
*眼以外の症状
・口腔粘膜(舌、頬の内側、唇、歯茎)のアフタ性潰瘍(斑点状の小潰瘍)痛みが伴う

・皮膚の症状
下肢や前腕部、頸、胸部などに結節性紅斑様皮疹がみられたり、皮下に血栓性静脈炎がみられたりします。

・外陰部の潰瘍
有痛性のもので性病と間違われてしまうこともあります。
  
*眼の症状
 主にぶどう膜炎が起こることが多い。

 厚生省の特定疾患医療に認定されている難病で、失明してしまうケースも少なくないです。
 
*原因・対処法

体内の異物を攻撃し排除する白血球が何もないのに集まってきて炎症を引き起こすのが原因です。発病してから十年位で落ち着くことが多いのですが、この間に眼球の機能をいかに損なわないようにするかが重要です。最近では効果の高い薬も使われて失明の頻度も下がってきています。

 
Aサルコイドーシス
*眼以外の症状
・肺門、気管周囲のリンパ節の腫れ、呼吸苦
・結節型の硬い発疹や局面方の柔らかいものが現れる
・不整脈や心筋に肉芽腫ができると心不全をおこすこともある
 
*眼の症状
霧がかかったようにぼんやり見えたり、まぶしい、飛蚊症の症状がみられます。強い視力障害を起こすことも多いですが、しっかり治療していれば、失明に至ることはほとんどありません。
 
*原因・対処法
炎症の治癒過程で出来る肉芽腫によっておこります。本来肉芽腫が出来ることは正常な免疫反応なのですが、これ自体が炎症を引き起こしたり、周りの組織を繊維化して発症します。慢性の病気ですから根気よく通院・治療を続けることが大切です。


B原田病
*眼以外の症状
色素細胞(メラノサイト)が標的となり、多い部分に炎症がおきます。めまい、難聴、頭痛を伴い皮膚や頭髪が白くなったり抜けたりします
 
*眼の症状
ぼやけて見えにくい、急激な視力低下や網膜剥離

*原因・対処法
本来、自身の体を守るべき免疫システムが正常に機能せず、正常な組織を攻撃して起こる自己免疫疾患です。炎症が強い時には網膜剥離をおこすこともあります。この病気では早期に発見・治療し慢性化させないようにすることが重要です。


検査
一般の眼科検査に加え、必要に応じ蛍光眼底造影検査や、時には血液検査・胸部X線検査等の全身検査を行って原因の究明をします。いろいろな点から検査をしても、原因がわからない場合も2〜3割あります。(血液検査ではぶどう膜炎を伴う重篤な疾患がないかを鑑別するためにも行われます。)

治療

炎症を治めるためにステロイド剤の点眼や眼の周りに注射することもあります。この病気においては炎症が悪化しないうちに対処していくことが大切で、発作がおきたらその都度速やかに対処し治すことです。又、良くなってくるとつい、薬を使うことをおこたったり通院をしなくなりがちですが、一度かかると炎症を起こしやすい体質になっているので、定期的に通院し経過を診る事が重要です。


関連疾患
サルコイドーシス
原田病
ベーチェット病
続発緑内障

早めの治療が必要になります。症状が気になる方は受診の上、医師にご相談下さい。

※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
  予約方法


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩