老視/新宿東口眼科医院/新宿の眼科

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


老視(老眼)

老眼の症状・原因の説明です。
当院では、検査および診療により、他の病気がないことを確認した上で、老眼鏡ないし遠近両用コンタクトレンズの処方をしております。

ご予約はこちらから


老視とは、老視とは、年をとるに従って目の 調節力 が減少する状態をいいます。


原因

年をとると水晶体の弾力性が低下して充分に膨らませることができなくなります。
これにより、正視の人、あるいは遠視や近視でも遠くが見えるように矯正されたメガネを使用した状態では、近くのものが見えにくくなるのです。一般的に40歳前後からはじまると言われています。


症状

近くを見る作業の時に眼が疲れるなどの不快感を感じ始めます。遠方のものに焦点が合うことの多い遠視では、老視の症状をより早く自覚することが多いようです。近視の人はもともと近くに焦点が合いやすいため老視の症状を自覚しにくいといえますが、普段遠くを見るために使用しているメガネをかけた状態で近くのものがぼやけるなどの症状が出現します。「近視の人は老眼にならない」ということをよく耳にしますがこれは誤りです。


治療

近くを見るために必要な調節力を補うレンズを装用します。年齢とともに目の調節力は衰えてくるので、現在お使いの老眼鏡やコンタクトで見えづらく感じたら、作り替えて適正な度数の老眼鏡をお使いになることをおすすめします。
まれに、老眼と同じような症状の中に別の病気が隠されている場合もあります。もしこのような老眼の症状がでてきたら、まずは眼科で検査を受けて、他の病気がないことを確認した上で老眼鏡の処方を受けるようにして下さい。


関連疾患

近視・遠視
乱視
仮性近視
視力低下
弱視

症状が気になる方は受診の上、医師にご相談下さい。

※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
  予約方法


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩