緑内障の概説/新宿東口眼科医院/新宿の眼科


医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


緑内障専門ページ

緑内障


40歳以上20人に1人罹患しているといわれる緑内障の概説です。当院では緑内障専門治療を設け、ゴールドマン視野計光干渉断層計(OCT)眼底三次元解析装置(HRT2)を 装備し、精密な緑内障の動態の把握と治療経過の評価をもとに、質の高い緑内障医療を行っています。

ご予約はこちらから


原因

イメージ

緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。ただし、「眼圧が正常(10−21mg)であるのに、緑内障と同じ症状が生じる」正常眼圧緑内障が緑内障全体の半分を占めていることからもわかるように、緑内障の原因はまだよくわかっていません。


眼圧とは・・・
房水の圧力のことを言い、時間や季節によって多少変動しますが、ほぼ一定の値を保っています。
正常値は、10 - 21 mmHgと定義され、これを診断上の正常眼圧とされています。


房水とは・・・
角膜と虹彩のあいだ(前眼房)と虹彩と水晶体のあいだ(後眼房)を満たす透明の液体のことです。
房水は毛様体でつくられ,後眼房から瞳孔を通って前眼房に流れ,虹彩付着部と角膜のなす角の部分(前房隅角)からシュレム管に吸収され眼球外に排出されています。 この房水は,いつでも一定の量で排出され,水晶体や角膜に栄養を与えています。


※高眼圧症・・・
上記で「眼圧の上昇が病因の一つ」とありますが、眼圧の上昇は認められても、眼底の視神経に緑内障の病変がなく、
視野も正常で明かな異常がない症状のことを高眼圧症と言います。高眼圧症の場合、緑内障ではありませんが、
眼圧の正常な方より緑内障に移行する可能性が高いため、定期検査が重要となります。

ご予約はこちらから


症状

視神経の障害はゆっくりとおこり、視野(見える範囲)も少しずつ狭くなっていく ため、目に異常を感じることはありません。例外として、急性の緑内障発作では急激に眼圧が上昇し、目の痛みや頭痛、吐き気 など激しい症状をおこします(この急性緑内障発作のときは、すぐに眼圧を下げる治療が必要です。)


緑内障の種類

原発性閉塞隅角緑内障
 水晶体と虹彩後面が接触して虹彩からの房水の流出が妨げられて突然に生じる緑内障(急性)。

原発性開放隅角緑内障
 特に他の異常所見がなく、高眼圧状態が続くうちに発症するタイプ。

正常眼圧緑内障

 眼圧が正常値であるのに発症するタイプ。


続発性緑内障 角膜炎やぶどう膜炎など、元となる病気などが原因で発症するタイプ。

先天性緑内障
 生まれつき房水の出口が異常あり。その流出が悪いために眼圧が高くなり発症(乳児期に発症)。

発達性緑内障 生まれつき房水の出口が異常あり。その流出が悪いために眼圧が高くなり発症(成長過程に発症)。


ステロイド緑内障
 ステロイド剤の副作用で発症するタイプ。

外傷性緑内障
 鈍的外傷によって隅角部の血管が損傷を受けると前房中に出血し、血液がたまります(前房出血)。前房出血の量が多いと血球成分が隅角の房水流出部につまって眼圧が上昇することがあります。

悪性緑内障
 緑内障手術後に生じる。
混合型緑内障
 いくつかの要因によって眼圧が上昇して発症したタイプ。

ボスナーシュロスマン症候群

 片眼の虹彩毛様体炎とともに高眼圧をきたす発作を時々起こし発症するタイプ。
血管新生緑内障
 糖尿病網膜症に伴い虹彩にも血管新生が起こり、それによって隅角癒着が誘発され、高眼圧となり発症するタイプ。


検査

緑内障の発見には下記の検査を行います
@眼圧検査
A眼底検査
B視野検査
C眼底三次元解析(HRTU
D
OCT( 光干渉断層計検査

治療

緑内障の治療は病気の進行をくい止めるため、眼圧を低くコントロールすることが最も有効とされています。
治療法としては薬物療法、レーザー治療や手術が一般的です。
レーザー治療や手術を受け眼圧が下降しても、その効果が維持されるとは限らず、
再度手術を行う場合もあります。

@薬物療法
眼圧を下げるために使われる薬は、主に房水の産出量を減らしたり、房水の流れをよくする薬です。まず点眼薬からはじめ、最初は1種類の薬で様子を見ながら、途中で薬を変更したり、また2〜3種類を併用することもあります。急性緑内障の場合や薬物療法で眼圧コントロールが不十分な場合、レーザー治療や手術を行います。
      
Aレーザー治療
レーザーを虹彩にあてて穴を開けたり、線維柱帯にあてて房水の流出を促進します。
比較的安全で痛みもなく、入院の必要もありません。


B手術
房水の流れを妨げている部分を切開し、流路をつくって房水を流れやすくする方法や、毛様体で房水の産出を抑える方法などがあります。

緑内障は自覚症状のないまま進行することが多いです。

症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
 
※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
  予約方法

※緑内障の検査をご希望の場合、ご予約がないと当日受けられない場合もございます。ご了承ください。
又、検査のみは、他曜日でも行っておりますので、お問い合わせ下さい。

院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩