斜視/新宿東口眼科医院/新宿区新宿駅前の眼科

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院


斜視


斜視・斜位の症状、原因の説明です。
程度が強く、症状がある時にはプリズムつきの眼鏡で矯正します。

ご予約はこちらから



斜視とは、外見上は片方の目は正しい方向を向いているのに,もう片方の目が内側や外側,あるいは上下に向いてしまい、両眼の視線が正しく目標に向かない状態のことを言います。


原因

眼球を動かす働きをする筋肉(眼筋)の調節力のバランスが悪い場合や、神経に異常がある場合、眼球を動かす筋肉付着部の異常がある場合に起こります。その他、強い遠視や近視がある場合、病気や怪我などが原因で片眼の視力低下が起こり、両眼の眼筋のバランスがくずれてしまう場合、斜視になることがあります。また、乳幼児期の弱視、強度の近視や遠視などは、正常な視機能の発達を損なうことがあり、斜視になることがあります。


治療方法

斜視の原因によって、治療法は異なってきます。主な治療法は、斜視で失われた両眼視機能の正常化、眼の位置のずれの矯正、斜視による視力低下の改善の三つになります。
手術を用いない治療法は、斜視用の眼鏡やコンタクトレンズなどで矯正をおこなったり、遮閉法と言って、斜視ではないほうの眼を眼帯やアイパッチなどで覆い、斜視眼だけを使用することにより視力や筋肉を鍛える方法、大型弱視鏡などの器具を使って眼そのものの機能を強化して斜視を治療する両眼視機能訓練などがあります。
手術による治療法は、眼球を動かす筋肉が正常に作動するように、手術で眼筋を縮めたり位置を調整します。乳幼児の場合は全身麻酔で行い、大人は局所麻酔で行う場合が多いです。両眼視能力は乳幼児の頃からつき、生後1歳くらいで大体でき上がり、5・6歳までには完成されます。ですから、治療時期は、斜視に気づいたらすぐ開始することが重要となります。

(当院では手術は行っておりませんが、診察の上他院を紹介いたします。)


関連疾患
斜位
弱視
脳腫瘍

症状が気になる方は受診の上、医師にご相談下さい。

※当院ではご予約の方を優先しております。
ご予約はこちらから
  予約方法


院長:新川恭浩医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)

●所属学会
日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
●資格
PDT講習会受講終了認定医
眼科診療経験13年
現在までの白内障手術件数 3000件程度
●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月〜当院勤務

新川医師の一般外来を予約する
新川医師の専門治療を予約する
新川医師の池袋の専門治療を予約する
浪川 博美 医師
(日本眼科学会認定 眼科専門医)
浪川 博美 医師
●所属学会
日本眼科学会会員
●経歴
平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院
          研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
          出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 当院常勤医師就任
現在に至る

浪川医師の一般外来を予約する
浪川医師の専門治療を予約する

視能訓練士(常勤)4名
(非常勤)1名
看護師非常勤2名

医療法人社団
東京みどり会
新宿東口眼科医院

東京都新宿区新宿3-25-1
ヒューリック新宿ビル9階
TEL・FAX 03-5363-0507
院長
新川 恭浩