新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

103:近視レーザー手術とは

こんにちは、新宿東口眼科医院です。 最近は暑かったり寒かったり、着るものに困りますね。体調管理にはくれぐれもお気をつけください。 今週のテーマは「近視レーザー手術とは」です。 近視レーザー手術は、レーザーを角膜に照射し、屈折力を変えることで近視を矯正する手術です。角膜や水晶体には光を屈折させる働きがあり、その角膜実質層という部分にレーザーを使用し、屈折率を調節して網膜にピントが合うようにして視力を回復させます。簡単に説明すると、角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり凹レンズを用いたのと同じ効果が得られるということです。但し、適応検査の結果によって、角膜が薄い、眼に疾患がある場合など、手術ができないこともあります。 近視レーザー手術を受けると、メガネやコンタクトが不要になり、裸眼で生活ができるようになります。最近では、料金も安くなり、長い目でみるとコンタクトを使い続けるよりも経済的ともいえます。また、点眼麻酔をしてから手術をするので、ほとんど痛みはなく、 手術時間は15分~20分程度で終わり、入院の必要もありません。 施術後は、飛躍的に進歩して合併症や副作用の発生率は下がっていますが、ドライアイになる方がいます。原因は、角膜にある角膜知覚神経を切るためと言われています。この角膜知覚神経がつながるまでの間、手術後3~6ヶ月は、ドライアイが続くようです。また、夜間に光がにじんで見えたり、まぶしく感じたりすることもあります。これは、光の屈折が原因で起こるものですが、やはり手術後3~6ヶ月で症状が治まる方がほとんどのようです。問題点としては、時間とともに、また視力の低下が起こる可能性があります。 近視レーザー手術は専門の病院で受けることになりますが、近視レーザー手術にはさまざまなメリット・デメリットがありますので、よく比較検討して本当に自分にこの手術が必要なのか判断する必要があるでしょう。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索