新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

151:巨大乳頭性結膜炎について

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 すっかり秋らしくなってきました。 秋花粉もピークを迎えていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 今週のテーマは、「巨大乳頭性結膜炎について」です。 上瞼の裏側に巨大乳頭と呼ばれる直径1ミリ以上の無数の突起や大きな濾胞(ロホウ)が生じるアレルギー性結膜炎の一種です。英語ではgiant papillary conjunctivitisで、GPCと略して呼ばれることが多くなっています。 原因 日本眼科学会の定義では、巨大乳頭性結膜炎は、コンタクトレンズ、義眼、手術用縫合糸などの機械的刺激による上眼瞼結膜に増殖性変化を伴う結膜炎を指すとなっています。巨大乳頭性結膜炎は、コンタクト人口の増加とともに増加した疾患と言われています。 症状 症状は通常のアレルギー性結膜炎などと同様にかゆみや充血、目やに、異物感や違和感、コンタクトレンズが頻繁にズレたり、張り付いたりする等で、特に初期の症状は似通っているため勘違いされる事も多くなっています。前記の症状に加え、結膜に巨大乳頭や大きな濾胞などの増殖性変化が見られる場合、巨大乳頭性結膜炎と診断されるようになります。 治療 治療は主に抗アレルギー点眼薬の投与などが中心となります。コンタクトレンズが原因の場合、治療中はコンタクトレンズの装用は原則中止となります。症状や経過に応じて1Dayのコンタクトレンズ限定で装用が許可される場合もありますが、一般にコンタクトは中止した方が経過は良好なため、極力コンタクトの装用は避けたほうが良いと言われています。 巨大乳頭が完全に消えて完治となりますが、通常3ヶ月程度と意外に時間が掛かる事が多いようです。 予防 コンタクトレンズが原因の場合、コンタクトレンズの汚れをいかに少なくするか、いかに装用時間を少なくするかを医師と相談の上検討することになります。 衛生面からは1Dayコンタクトへの変更がベストですが、難しい場合、交換サイクルがより短いレンズに変更する、あるいは交換時期を通常より短くする等が必要になります。 またレンズケアに関しても、こすり洗いの徹底や、酵素クリーナーの併用など今までのやり方を見直す必要があります。 もし、正しいレンズケアが良く分からない場合、コンタクトレンズメーカーのHPなどでも確認できますが、コンタクトレンズ処方のついでに眼科で相談してみてもよろしいかと思います。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索