新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

153:急に何かが飛んで見えるようになったら

こんにちは。新宿東口眼科医院でございます。 秋も深まり、寒い日が続きますね。 みなさんいかがお過ごしでしょうか。 今週のテーマは、「急に何か物が飛んで見えるようになったら」です。 視野の中に糸くずや虫のようなものが飛んだり浮かんでみえる症状を飛蚊症といいます。 硝子体の中の混濁物の陰を自覚するもので、空や白いものを見る時にはっきりします。目の中にあるものの陰なので、追いかけるとついてきます。 混濁物のほとんどは、水の部分が増えるのと一緒にできた硝子体線維の集まったもので、淡いものです。後部硝子体剥離がおこると、視神経の部分についていた濃い混濁が浮いてきて、はっきりとした黒い陰を自覚します。 原因 飛蚊症の原因としては、生理的なもの、老化現象によるもの、病気によるものなどいくつか挙げられます。網膜剥離や網膜剥離の原因ともなる網膜の穴が開くこと、眼底出血などの病気による飛蚊症があります。ところが硝子体に何らかの原因で”濁り”が生じると、明るいところを見たときにその濁りの影が網膜に映ります 。 症状 黒い点や虫のようなもの、または薄い雲のようなものが視野の中に見えたり、視線を動かしたとき、それが一緒に移動するように感じることもあります。 検査 検査は、眼底検査を行います。網膜に穴が開くのは網膜の周辺部が多いので、瞳孔を閉じたままでは観察が難しいため、点眼薬で瞳孔を開き、顕微鏡で立体的に観察します。この検査で硝子体や網膜の異常がほぼ分かると言われています。瞳孔を開くと4~5時間はまぶしさが残るので、その間は車の運転はできません。 治療 網膜裂孔に対するレーザー治療は網膜にできてしまった裂孔(=亀裂)が原因となって網膜剥離に進行しないように、裂孔の周囲をレーザーによって凝固(=癒着)させてしまうために行います。従いまして、多くの場合、レーザー後も黒い点が目の前に見えるはずです。なぜならレーザーには直接黒い点を消す効果はないからです。 現在のところ、飛蚊症を消してしまう治療法はありません。 しかし飛蚊症はやがてゆっくりと薄くなり、自然と消えてしまう場合も多いので焦らないことが大切です。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28