新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

193:洗眼は行ったほうが良いか

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 青空がとても眩しく感じる今日この頃、皆様 いかがお過ごしでしょうか。 今回のテーマは「洗眼は行ったほうが良いか」です。 洗眼を行ったほうが良い場面はありますが、行いすぎると眼に悪影響を及ぼすことがあります。 まず始めに、洗眼方法についてご説明いたします。 ①カップ洗眼 洗眼をする際、カップに洗眼液を入れてまばたきするタイプのものを使用している方が多いかと思います。 このタイプの洗眼液は、販売している種類も多く、簡単に行うことができますが、使用方法を間違えると眼を清潔にするどころか、反対に汚したり、傷つけてしまうこともあります。 ②流水での洗眼 誤って薬品やゴミが眼に入ってしまった場合に行います。 薬品が眼に入ってしまった場合、水道水を手に取り、まばたきするようにして 異物感がなくなるまで洗眼してください。 水道水に含まれる塩素が眼に悪影響を及ぼすこともあります。 薬品を十分に洗い流した後は、必ず眼科を受診してください。 ③人口涙液の点眼 人工涙液を点眼する方法は、もっとも適した方法です。 点眼液がまぶたやまつ毛に付着しないので清潔に行うことが出来ます。 洗眼方法は、人工涙液を1~3滴ほど点眼するだけです。 次に、洗顔の注意点についてご説明いたします。 注意点の一つ目は、上記に説明しました①カップ洗眼 ②流水での洗眼を行う前に、必ず顔を洗うということです。 理由は、眼球と同じように、まぶた・まつ毛にも汚れや菌、花粉などが付着しています。 カップや流水で洗眼する場合、眼球だけなく、まぶたやまつ毛も洗浄液(流水)に触れることになります。 その状態でまばたきをすると、液の中に溶け出した汚れや菌が、まばたきをする度に眼の中に入ってしまいます。 眼の中にゴミが入ると 眼に傷がついたり、傷に菌が入り込み 感染症を引き起こすこともあります。 これを防ぐためには、顔を洗って まぶたやまつ毛に付着している汚れを洗い流すことが大切です。 注意点の二つ目は、洗眼用のカップを清潔に保つことです。 使用後のカップは必ずキレイに洗浄し、清潔な場所で乾燥させてください。 注意点の三つ目は、防腐剤の含まれていない人工涙液を使用するということです。 人工涙液の中には防腐剤が含まれているものもあり、防腐剤が含まれた人工涙液を繰り返し点眼することは、眼に良いことではありません。 使用する人工涙液は、防腐剤が含まれていないものをお勧めします。 四つ目の注意点は、洗眼をしすぎないということです。 眼が乾燥するからと、何度も洗眼を繰り返してしまう方もいるようですが、必要以上の洗眼はドライアイの原因となる可能性があります。 涙は3つの層「油層・水層・ムチン層」からなっていて、3層がバランスよく存在することにより、安定した質の良い涙となります。 油層…涙の最も外側の層で、涙が乾くのを防ぎます。 水層…涙の大部分を占める層で、眼の表面のゴミや菌を洗い流したり、眼に栄養を与えたりします。 ムチン層…涙を眼に留めておく役割があります。 洗眼を何度も繰り返すと、3層のバランスが崩れ、眼が乾きやすくなってしまうのです。 洗眼をする際には上記の注意点を守り、必要な時のみに洗眼を行うことが良いでしょう。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索