新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

24:24.網膜静脈閉塞症について

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 すっかり暖かくなり、桜も満開になりましたね。さて、今回のテーマは「網膜静脈閉塞症」についてです。 網膜には動脈と静脈が網目のように走っており、網膜に栄養を供給する役割を果たしています。網膜静脈閉塞症とは、この網膜静脈の血液の流れが、何らかの原因で途絶えてしまう病気です。 【主な症状】 網膜の静脈は、眼球の後方にある視神経乳頭で1本になり、そこを終点に集合するように、網膜全体に枝分かれして広がっています。静脈の枝の部分が閉塞した場合を「網膜分枝静脈閉塞症」と呼び、乳頭部で静脈の根元が閉塞した場合を「網膜中心静脈閉塞症」と呼びます。 <網膜分枝静脈閉塞症 > 糖尿病とならんで、眼底出血を起こす代表的な病気でもあります。例えば、鼻側の静脈に閉塞が起きても、ほとんど症状は見られません。そのため、静脈から出血しても気がつかず、他の病気の検査などで閉塞が見つかるケースがかなりあります。しかし、耳側の静脈に閉塞が起こると、黄斑部に出血や浮腫が起こりやすく、視野欠損や視力低下が起こる確率が高くなります。 <網膜中心静脈閉塞症 > 静脈が根元でつまるため、全ての静脈が拡張・蛇行して網膜全体に出血斑が出現します。発症後、2~3ヶ月で新生血管が出現する場合が多く、緑内障を合併し、予後はよくありません。 【合併症】 網膜静脈閉塞症では、発症時の眼底出血や網膜浮腫が視覚に影響を及ぼすほか、発症後3カ月から1年以上も経ち、症状が落ち着いた慢性期になってから、硝子体出血や血管新生緑内障、網膜剥離などの合併症が起きてくる場合があります。 【検査法】 眼底検査を行うことで容易に診断することができます。場合によっては、造影剤を用いた蛍光眼底造影検査を行うこともあります。 【治療法】 ●急性期 閉塞した血管に血流を再開させるため、血栓溶解薬や網膜循環改善薬が用いられます。これに続いて、眼底出血や網膜浮腫をできるだけ早く消失させるため、レーザー光凝固術が施される場合があります。急性期の治療で大切なことは、静脈閉塞後できるだけ早く治療を開始することです。 ●慢性期 治療の主目的は、合併症の予防に移ります。 網膜無血管野があれば、レーザー光凝固で酸素や栄養の必要量を減らし、新生血管発生を促す物質を放出させないようにします。血流改善のため、引き続き網膜循環改善薬が使われることもあります。 同時に、静脈閉塞が起きる最初の原因となった病気(主に高血圧)を治療し、再発を防ぐことも重要です。他の眼科疾患から症状が出る場合もありますので、気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28