新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

244:ワックとは

こんにちは、新宿東口眼科医院です。暑い日が続きますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回のテーマは「ワックとは」です。 1)ワックとは ワックとは(http://www.shec.jp/about/instruments/wac.html) 眼科医療機開発・販売を行う「株式会社ワック」の医療機器であり、 「雲霧法」を用いて目の緊張状態の緩和する事を目的として作られています。 仮性近視の検査や治療、眼精疲労の治療などに用います。 ワック <雲霧法とは> 凸レンズを装用させる事によりわざと遠くが見えづらい状態にし、目の調節を取り除く事を言います。 凸レンズの効果により毛様体筋を弛めれば弛めるほどピントが網膜面に近付いていくので、 自然と凝り固まった筋肉の力が抜けていきます。しかし通常の外来で雲霧法を行おうとすると、 見えづらいメガネをかけたまま15~30分ほど過ごす必要がありますので、 特に小さなお子様などは集中力が続かず難しい事が多いです。 2)ワックのメカニズム 検査器の中の美しい風景を5分眺めるだけで、遠くの風景を長時間眺めているのと同じだけの効果が あります。これによって間接的に毛様体筋を刺激し目の緊張を緩和します。 また、眼精疲労の軽減や内側に寄ってしまった視線を平行に保つ効果を持ちます。 下記のスライドが5分間ぼやけたりはっきりしたりを繰り返します。 このワックを調節緊張の緩和に役立て、またワックの前・後で視力検査を行いどの程度の変化が あったのか調べる事で、誤って強い眼鏡を処方する事のないよう度を測る判断材料にする事ができます。 3)ワックご希望の方へ 当院では、長時間のパソコン作業などの仮性近視(http://www.shec.jp/disease/009.html)や 眼精疲労(http://www.shec.jp/disease/gannseihirou.html)の方、近視の進行予防に ワックをされているお子様もいらっしゃいます。症状の気になる方、 ワックによる治療をご希望の方は当院スタッフ、医師にご相談下さい。 ご予約はこちらから。http://www.shec.jp/reservation/ ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索