新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

273:ブルーライトカットレンズってどうなの?

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 日増しに寒さが加わってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回のテーマは『ブルーライトカットレンズ』についてです。 最近良く耳にしますが、詳しく分からないことが多い気がします。 ・ ブルーライトとは 人間が見ることの出来る可視光線(約380~810nm)という光の中で波長の短い光(青い光約430~490)のことをいいます。携帯やパソコンのモニターなどの電子機器、LED照明などは明るさを出すためにブルーライトを出しているため目への影響が心配されています。 ブルーライトはパソコンを使用しているとちらついてきたり、まぶしく感じたり眼が疲れるという原因になります。これをカットすることで疲れを軽減するといった効果があります。そのほかにも通常赤色から青色まで幅広かった焦点距離が赤色から緑色までになる為、焦点距離が狭まりコントラストが向上し見やすくなるといった効果もあるそうです。 ・ ブルーライトカット 紫外線カットのレンズではブルーライトと波長が違うため防ぐことは出来ません。 ブルーライトを防ぐ方法は大きく分けて二つあります。 ① コーティング ブルーライトを反射するタイプ レンズは透明ですが、特殊なコーティングを施しブルーライトをカットします。 カット率はカラーレンズタイプよりは低く、裏面反射やゴーストが生じる場合やレンズが青く反射してしまうこともあるようです。 若干黄色みを帯びているものが多いようですがほぼ透明なため、職場などでも幅広く使用しやすいです。対象物の色の変化も少ないのが特徴です。 ② カラーレンズ ブルーライトを吸収するタイプ レンズ自体に色が付いているため、見た目が気になることや視界が暗くなるといった欠点はあるが、ブルーライトカット率は透明タイプに比べると高いものが多いです。レンズの色の種類や濃度はメーカーによって異なります。 疲れ眼の原因はブルーライトの影響だけではないので、ブルーライトをカットしたからといって完全に治るとも限りません。乾き眼などからも眼の疲れは出てくるので、気になる症状がある場合は早めの受診をおすすめします。 そのほかにも眼鏡を使用していて疲れを感じる方は今使っている眼鏡が正しい度数なのかを一度調べてみても良いかと思います。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索