• web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

288:疲れ目の解消法

こんにちは、新宿東口眼科医院です。季節の変わり目ですが、皆様体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

疲れ目には様々な要因がありますが、眼科での検査・診察のうえで器質的な疾患が除外され疲労によるものだと診断された場合は、疲労の軽減を図ることが疲れ目の解消につながります。今回は、「疲れ目の解消法について」をテーマにお話させていただきます。
疲れ目の改善に効果がある可能性のあるものを以下に羅列させていただきますので、皆様のお役に立てることが出来れば幸いでございます。

①ご自分で出来ること
●視環境の改善
・パソコンやデスクの位置を適度に顔から離し、前かがみの姿勢にならないようにしてください。
・目線よりもやや下方にディスプレイを置いてください。
・電灯などの反射がディスプレイに写りこんでいるようなら、ディスプレイをズラして反射を防ぐなどして対処してください。
・エアコンの風が直接目に当たらないように配慮してください。
・できるだけこまめに休憩をとり、遠方を眺める時間をおつくりください。
●目を温める
・濡らしたタオルをレンジで温めて蒸しタオルを作る等して目を温め、周辺の血行を良くしてください。

②自分でお金を出してできること
●パソコン画面が反射してしまう場合は、専用のフィルターを使用していただく。
●目を温める際に市販のホットアイマスク等を使用してください。(10枚ほど入って500~1000円程度で売っている事が多いです)
●マッサージで肩などをほぐし、血行の改善を図ってください。

③クリニックでできること
●屈折矯正のご相談
・近用眼鏡(老眼鏡)を作成されることで疲労が改善される場合があります。
・近用眼鏡以外でも、現在使用されている眼鏡・コンタクトレンズを適切な度数へ調整することによって疲労が改善する場合があります。
・遠近両用の眼鏡やコンタクトレンズをお使いいただくと疲労の改善ができる場合があります。
※上記遠近両用コンタクトレンズ、遠近両用メガネの処方のご相談は常時受付けております。お気軽にご相談ください。

●アイホットを用いて目を温め、血行を良くする
・アイホットとは:皮膚への浸透力のある赤色光を使用したアイマスクタイプのあんぽう器で、温熱治療と同時に眼のまわりの湿度を保つことができます。眼を温めることにより、マイボーム腺の油分の分泌を促進させ、目の疲れを癒します。詳しくは医師にご相談ください。

●点眼治療
・ビタミンの入った目薬の点眼薬処方により、疲労が改善する場合があります。
・目の筋肉を休める目薬の点眼薬処方により、疲労が改善する場合があります。
※目薬の処方は、医師の診察のもとに行われます。詳しくは当院お気軽にご相談ください。

 

●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。


診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索