新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

333:白内障手術について

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 青葉が目に眩しいこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今週のテーマは「白内障手術について」です。 白内障手術は、水晶体の後嚢と前嚢の一部を残し、核と皮質を取り除く「嚢外摘出術」と白く濁った水晶体を全て取り除く「嚢内摘出術」の2通りあります。 1.「嚢外摘出術」とは 水晶体の中心部となる「核」をそのままの形で摘出する手術です。白内障が極度に進行し、この「核」の部分が硬くなり超音波で砕くことが出来ない場合や、白内障以外に眼に合併症がある場合などに行います。 「嚢外摘出術」の中でも、超音波を使用して「核」を砕いて取り除く手術を「水晶体超音波乳化吸引術」といいます。切開範囲が2.4mm前後と小さくて済み、手術の時間も10~15分で終わりますので、患者様の負担が比較的軽く済む手術です。 水晶体超音波乳化吸引術は、まず点眼麻酔をし、切開した穴から器具を挿入します。そして超音波を用いて水晶体を砕いて取り除きます。そして水晶体の代わりとなる眼内レンズ(人工水晶体:IOL)を挿入します。極めて短時間の手術ですので、日帰りでの白内障の手術が可能となります。 2.「嚢内摘出術」とは 「嚢内摘出術」は、強膜を切開し水晶体全部を摘出する手術です。「水晶体偏位」や「水晶体脱臼」など特殊な症例の第一選択として行われています。 同医療法人社団 新宿東口眼科医院での白内障手術は、おかげさまでご好評をいただき、すでに多数手術例(全部成功)をこなしておりますが、まだ、ご予約に空きはございますので、手術のご予約については同医療法人社団 新宿東口眼科医院のホームページにアクセス、またはお電話をいただきますようお願い致します。 新宿東口眼科医院 TEL・FAX 03-5363-0507 ●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮下さい。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索