新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

333:白内障手術について

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 青葉が目に眩しいこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今週のテーマは「白内障手術について」です。 白内障手術は、水晶体の後嚢と前嚢の一部を残し、核と皮質を取り除く「嚢外摘出術」と白く濁った水晶体を全て取り除く「嚢内摘出術」の2通りあります。 1.「嚢外摘出術」とは 水晶体の中心部となる「核」をそのままの形で摘出する手術です。白内障が極度に進行し、この「核」の部分が硬くなり超音波で砕くことが出来ない場合や、白内障以外に眼に合併症がある場合などに行います。 「嚢外摘出術」の中でも、超音波を使用して「核」を砕いて取り除く手術を「水晶体超音波乳化吸引術」といいます。切開範囲が2.4mm前後と小さくて済み、手術の時間も10~15分で終わりますので、患者様の負担が比較的軽く済む手術です。 水晶体超音波乳化吸引術は、まず点眼麻酔をし、切開した穴から器具を挿入します。そして超音波を用いて水晶体を砕いて取り除きます。そして水晶体の代わりとなる眼内レンズ(人工水晶体:IOL)を挿入します。極めて短時間の手術ですので、日帰りでの白内障の手術が可能となります。 2.「嚢内摘出術」とは 「嚢内摘出術」は、強膜を切開し水晶体全部を摘出する手術です。「水晶体偏位」や「水晶体脱臼」など特殊な症例の第一選択として行われています。 同医療法人社団 新宿東口眼科医院での白内障手術は、おかげさまでご好評をいただき、すでに多数手術例(全部成功)をこなしておりますが、まだ、ご予約に空きはございますので、手術のご予約については同医療法人社団 新宿東口眼科医院のホームページにアクセス、またはお電話をいただきますようお願い致します。 新宿東口眼科医院 TEL・FAX 03-5363-0507 ●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮下さい。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28