新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

350:斜視・斜位の治療

こんにちは、新宿東口眼科医院です。 段々と涼しくなり過ごしやすくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。 本日のテーマは「斜視・斜位の治療」についてです。 まず、斜視・斜位についてです。 斜位とは目の動かす筋肉のバランスが悪く、ずれているはずの目を自力で融像(両目で1つのものを見る状態)して、斜視を隠している状態のことをいいます。 大半の人が多少の斜位を持っており疲れたときや、気を抜いたときに症状が現れます。 こちらは基本的には治療の対象とはなりません。 しかし、目のズレの角度が大きく眼精疲労がある人には、プリズム眼鏡で矯正する場合はあります。 (カバーで隠すことにより視線がはずれます。) (カバーをとるとしっかり目を寄せることができます。) 斜視とは両眼で見えるものを1つに合わせて立体的に見ることができない状態のことを言います。簡単に言いますと、両目の視線が合わない状態です。 いろんな原因で斜視になりますが、子どものころの斜視はすぐに治療が必要になります。 目の発達が6才までには完成するため、そのあいだに片方の目を使わなくなってしまうと、大人になって視力が回復することが難しくなるからです。 治療としては、手術を行います。ズレている目の筋肉を手術し、視線をまっすぐに合わせます。それにより、両目を使って物を見るように訓練していきます。 もし、子どものころに治療をせず弱視のまま大人になった場合、視力は回復が難しいため整容面で気になる場合には手術を行います。 もし、気になることがございましたら、当院にご相談ください。 ● 上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。 ● 一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ● 無断での記事転載はご遠慮下さい。 ● 本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも 当てはまりません。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28