新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

395:紫外線と目の関係

こんにちは、新宿東口眼科医院です。暑い中、皆様どうお過ごしでしょうか。 さて、今週のテーマは「紫外線と目の関係」です 夏になると、海やプールでたくさん紫外線を浴び、日焼けをしますが、オフィス街でも、ビルや路面での反射によって、目はあらゆる角度から有害な紫外線を浴びている恐れのあるという結果も出ており、紫外線対策が必要になっています。紫外線は、肌だけでなく、目にも悪影響を与えることがあります。 紫外線による目の障害は、雪目や翼状片、白内障の3つが知られています。 ■白内障 眼の水晶体(レンズ)が白く濁り、このため視力が低下する病気です。白内障の原因でもっとも多いのは、加齢ですが、少しずつ紫外線を浴びることで目がダメージを受け、若いうちから白内障になることもあります。自覚症状としては、目のかすみ・ぼやけなどです。また、明るい場所だとまぶしくて目が見えにくい人、どんなに調整しても眼鏡が合わないという人も白内障が疑われます。 ■翼状片 翼状片は、結膜(白目の部分)の下にある線維芽細胞が必要以上に増えて、角膜へ入り込んできたために生じたものです。結膜は巻き込まれて角膜へ入ってきます。結膜には血管が豊富であり、本来血管のない角膜にその結膜が入るため、黒目の部分が充血したように赤くみえます。翼状片は通常鼻側から角膜に侵入します。翼状片が中央へ進行するにつれその侵入した方向へ角膜が引っ張られ角膜の乱視が出現します。さらに翼状片が黒目の中央にまで進行すれば視力は著しく低下します。白目と黒目の境界が紫外線で傷つき、その防御反応や修復の過程で起こると考えられています。 ■雪目・電気性眼炎 雪眼炎は俗に”ゆきめ”と呼ばれている紫外線によって起こる表層角膜炎,角膜上皮障害です。紫外線の強い場所、たとえばスキー場、雪山登山でゴーグルやサングラスを使わずに過ごした場合に起こります。症状が現れるのは、紫外線を吸収した6~24時間後で、夜間に目に激しい痛みを感じ、まぶしさを感じたり、涙が出てきたり、といった症状が生じ、眼があけられなくなり、救急外来を訪れることが多くみられます。角膜の病変は主に表層角膜炎で、ひどくなると角膜びらんを生じますが、大部分は一晩で回復します。 ■目を守る紫外線予防・対策 紫外線から目を守るためには、紫外線カット加工を施したメガネ・サングラス・コンタクトレンズが効果的です。サングラスの中には、紫外線カットの効果がないものもあります。また、レンズの色の濃さは、紫外線カット機能の高さとは無関係です。雑貨店ではなく眼鏡店で購入するようにしましょう。コンタクトレンズも、紫外線カット機能がついたものが多くあります。当院でもUVカット機能つきのコンタクトレンズをご用意しております。また、これらと帽子や日傘を併用するとより効果的です。帽子はなるべくつばの広いものを選びましょう。 ●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索