新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

399:人間と動物の見え方って違うの?

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 まだまだ暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 今回のテーマは『人と動物の見え方って違うの?』です。 ヒトと動物では目の使い方や果たす役割が少し違うため、見え方も違っています。 私たち人間は、通常2つの目を使っており、視野・奥行・立体感・平衡感覚などの多くの情報を視覚から得て生活しています。 【色の見え方】 すべての色は、光の三原色といわれる赤、緑、青の光の組み合わせで作られており、ヒトはこの3色が見えています。私たちに比較的近いサルなどは、ヒトとほぼ同じような見え方をしているといわれています。哺乳類である犬や猫は赤、青の2種類しか見えていませんが、嗅覚や聴覚が発達しているため強い視力を持ってはいません。一方で鳥類では猿人類よりはるかに多い20色ほど見分けることができ、紫外線まで見ることができるといわれています。 【見える範囲】 動物は主に肉食動物と草食動物に分けることができ、目の位置に違いが見られます。 肉食動物 肉食動物の目は顔の前に2つついており、立体的にものを見ることができます。ライオンやトラなどは獲物を捕まえるのに役立っています。ただし、見えている範囲(視野)は左右約180度~200度ほどで、さほど広くありません。また、後ろの両眼視野約80度~180度は見ることができません。 草食動物 ウサギや馬などの草食動物や魚類は目が横についており、見える範囲は非常に広く、視野はほぼ360度あります。自然界では肉食動物から逃げたり、身を守ったりするのに役立っています。しかし、ものを立体的には見ることはあまり得意ではありません。
  • 一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
  • 無断での記事転載はご遠慮ください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索