新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

48:網膜色素変性症について

こんにちは、新宿東口眼科医院です。 朝晩が涼しくなって、秋の訪れを一段と感じるようになりました。 今回のテーマは、網膜色素変性症です。 <網膜色素変性症とは> 網膜色素変性症とは、眼の中の光を感じる組織である網膜に異常な色素が沈着し、光の明るさを感知する細胞が障害を受ける病気です。 <症状> 暗いところが見えにくくなる(夜盲)、視野が欠ける、視力低下などが挙げられます。 <原因と症状の進行> この病気は、人口3,000~8,000人に一人の割合で起こると言われています。遺伝性による発病例が多いのですが、遺伝ではなく突然発病する場合もあります。 症状の進行はゆるやかですが、個人差がみられます。 <検査方法 > ●視力検査 ●眼底検査・・・眼底にある網膜の状態をくわしく調べるために行います。検査の前に目薬をさして瞳孔を開き、検眼鏡を通じて主に視神経や網膜を観察する検査です ●蛍光眼底検査・・・蛍光剤を血管内に送り込み、眼底の血流状態を写し出す事が出来るため、上記の眼底検査よりも精密な眼底写真を撮る事が出来ます ●視野検査・・・視野がどのぐらい欠けているかを調べる検査です。病気の進行レベルを把握するうえで重要な検査となります ●暗順応検査・・・夜盲の程度を調べる検査です ●網膜電図・・・網膜が光を受けたときに発生する電位〈でんい〉を調べる検査です <治療> この病気は遺伝子が関係していることが多く進行性のため、残念ながら根本的な治療法がありません。したがって現在のところ病気の進行を遅らせることが、最大の治療となります。進行を遅らせる方法として、 ●強い光を避けること、屋外では普段からサングラスをかける ●ビタミンA・循環改善薬の服用 などが挙げられます。 <予後> 網膜色素変性症の症状、進行には個人差があるので長い目で診察を受けていただき、経過をみる必要があります。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28