新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

495:角膜ジストロフィーとは

こんにちは。新宿東口眼科医院です。
7月も中旬に入り本格的な暑さになってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、本日のテーマは「角膜ジストロフィーとは」です。

角膜ジストロフィーとは、何らかの原因で角膜に濁りが生じ障害が出る遺伝性の病気です。左右の目の同じ位置に、対照的に白濁店が現れます。

<原因> 遺伝性・家族性が強く、最近ではフックス角膜ジストロフィーを除いた多くの種類の角膜ジストロフィーは、原因となる遺伝子が特定されています。遺伝形式は、常染色体劣勢のものが多いですが、顆粒状角膜ジストロフィーや格子状角膜ジストロフィーの一部など、優性遺伝するものもあります。

<種類> 顆粒状角膜ジストロフィー、格子状角膜ジストロフィー、斑状角膜ジストロフィー、角膜内皮ジストロフィー、膠様滴状角膜ジストロフィーがあります。膠様滴状角膜ジストロフィー日本人に多く欧米ではまれ、逆に角膜内皮ジストロフィーは欧米に多く日本人には少ないのが特徴です。なかでも最も頻度が高いのが顆粒状角膜ジストロフィーです。

<主な症状> 混濁が軽いうちは無症状、光がまぶしい、ときどきぼやけて見えるなどが多く、混濁が進行すると視力低下の原因となります。しかし、若年から壮年にかけて視力が低下するものや、老年になってもほとんど自覚症状のないものまで、発症の時期や程度は様々です。

<治療方法> エキシマレーザーというレーザーを使用して角膜の濁っている部分を削る方法や、角膜移植が選択されます。角膜ジストロフィーでのレーザーや角膜移植の成功率は高いですが、原因が内因性であるため、このような治療を行っても再発してくる可能性があり、それが現在の課題となっています。

症状が気になる方は受診の上、医師に相談してください。上記のような治療は当院では行っておりませんが、診察の上他院を紹介致します。

 

 



Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28