• web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

583:角膜移植とは

こんにちは、新宿東口眼科医院です。

じめじめとした梅雨の季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今週のテーマは【角膜移植とは】です。 

 

角膜とは

”くろめ”にあたる部分を「角膜」といいます。外から入ってくる光を屈折させて、網膜に像が結ぶのを助ける役割があります。


角膜は①上皮②実質(ボーマン膜、デスメ膜の間の部位)③内皮と3つの層に分かれています。①にあたる上皮は涙に守られていて、丈夫です。

 

 

角膜移植とは    

                       

角膜移植とは、角膜が外傷や感染症、遺伝的疾患などにより透明性を失ったり変成や変形により
目のスクリーンに当たる網膜に、像を結ぶことができなくなった場合に行われる手術

 

大きく分けて二つの方法があります。

 

変成や混濁している箇所が浅い場合:患者さんの角膜の表層を交換する、表層角膜移植手術

全体が濁ったり変性を起こしている場合:全体を入れ替える全層角膜移植手術

 

 

角膜の移植が必要な病気の代表的な疾患には・・・

 

1)外因的疾患によるもの:ウイルスの感染や細菌の感染等により透明性を失ってしまうもの

2)遺伝的疾患によるもの:角膜の変成や変形等で原因が遺伝的なもの

3)外傷によるもの:酸やアルカリによる外傷・火傷・眼を傷つけるような事故・薬物の副作用によるものや他の眼の手術による影響等

                                                                       

主な疾患には下記のものがあげられます。

 

角膜ヘルペス

単純ヘルペスウイルスによる角膜感染症です。再発することが多く、失明に至ることもあります。

アカントアメーバ角膜炎

アメーバの一種であるアカントアメーバが角膜に感染して起こる病気。

円錐角膜

角膜が円錐状となり、屈折力に大きな変化を起こします。角膜移植が必要になる場合もあります。

                                                               

 

 

  • 上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
    ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
    ●無断での記事転載はご遠慮ください。
    ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
    ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索