検査について

黄斑疾患の検査

主に以下の検査を行います。

DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)

近赤外線を利用した眼底の検査機器で、これまで行えなかった網膜の断面の観察が出来るようになり、網膜疾患、特に黄斑部病変の精密な診断が早期かつ正確に行うことが出来ます。

OCT

眼底検査(散瞳検査)

眼底カメラにて網膜を撮影することにより、視神経や網膜を観察し、眼底疾患の有無を調べることが出来ます。

眼底検査(散瞳検査)

アムスラーチャート

格子状の図を見て頂き、片目を覆って中心の点を見ます。その時に線が歪んで見えないか、欠けて見えるところはないか、視野欠損を大まかに検出します。

アムスラーチャート

蛍光眼底検査

蛍光剤を血管内に送り込み、眼底の血流状態を写し出す事が出来るため、通常の眼底写真ではわからない網膜の血管の様子がわかります。

蛍光眼底検査

担当医紹介

院長: 新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

非常勤医師: 青柳 蘭子(日本眼科学会認定 眼科専門医)