角膜疾患の検査機器

角膜疾患の検査機器

角膜疾患には下記の検査を行います

前眼部解析装置(ペンタカム)

角膜形状解析等の検査を、約2秒・1回の測定で正確に行え、角膜乱視の測定やコンタクトレンズのフィッティングシュミレーション、円錐角膜(角膜が前方に突出する病気)等の早期発見を目的として使用されています。

ペンタカム(前眼部解析装置)

スペキュラ(角膜内皮細胞検査)

角膜内皮細胞を調べる検査です。

スペキュラ(角膜内皮細胞検査)

細隙灯顕微鏡検査

角膜や結膜、水晶体、虹彩、硝子体の前部などの状態を観察する検査です。

細隙灯顕微鏡検査

当院の医師紹介

院長: 新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

常勤医師: 長谷川 二三代(日本眼科学会認定 眼科専門医)