網膜・硝子体専門治療 新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。
TEL/FAX 03-5363-0507

アムスラーチャート

格子状の図を見て、変視症(歪んで見える)や、コントラスト感度の低下、中心暗点(視界の中心部分が見えない)などの症状の有無を、大まかに検査します。

自覚症状の簡単なチェック法

下図をご覧ください。
30cm離れたところから片目を隠して中心の点をみてください。必要であれば眼鏡、コンタクト、老眼鏡を使用してください。
中央の白点を見たままで、表の四隅はしっかりありますか?格子状の線は真っ直ぐな直線になっていますか?どこか歪んでいたり、欠けていたりはしていないかチェックしてください。

以下のように見えたら要注意!眼科を受診しましょう。

以下のような症状がありましたら、眼底の物を見る中心部(黄斑部)が傷害されている可能性もありますので、速やかに眼科医に相談してください。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

新宿東口眼科医院の専門医紹介

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医(PDT認定医とは認定医一覧 )、身体障害者福祉法第15条に基づく指定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

非常勤医師遠藤 一葉

遠藤医師
経歴

平成10年 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成17年 東邦大学医学部大学院卒業

職歴
平成13年 東邦大学医学部付属病院
平成17年 千葉大学医学部付属病院
平成21年 船橋中央病院

主な論文

Persistent functional and morophological abnormalities of macula after successful retinal detachment surgery.

Changes in multifocal oscillatory potentials after internal limiting membrane removal for macular hole.