× 

代表的な眼科疾患

× 

コンタクトレンズ外来

× 

  1. 新宿東口眼科医院:ホーム
  2. 日帰り白内障手術について

当院では安全性を重視した白内障手術を心がけております

白内障で視力低下した等、お困りの患者様のために当院では受診して1ヵ月以内のスピーディーな白内障手術を可能としています。

白内障は目薬では進行を抑えることしかできず、治療には手術が必要です。
現在は手術や器械の進歩により、入院をしなくても日帰りで白内障手術が可能となりました。
白内障手術とは、濁った水晶体を透明な眼内レンズに入れ替える手術です。この手術は点眼麻酔だけで行うことができます。
特に当院では、安全性に重点を置いた手術を心掛けております。

安全性が高い手術です

傷口が2.3mmと極めて小さいため、非常に安全性が高い手術です。
医療は進歩しておりますので、今や『自動車の免許更新で引っかかりそうなので手術する』という時代になっているのです。
多くは10~15分で終わりますし、目薬の麻酔ですので、全く痛くありません。
体への負担はほとんどありませんし、目に注射するようなこともございません。

 

当院では術後の眼帯を廃止し、プラスチック製の保護メガネでお帰りいただきます。そのため、術直後から目が見えますので、術後の生活での支障も最小限にできます。

 

当院は新宿駅から徒歩1分ですので東京都内のアクセスが良く、日帰り手術後も通院が非常に便利です。

事前にご予約していただくとご案内がスムーズです。

『仕事が忙しくて手術を受けられない』、『高齢だから手術をあきらめなければならない』などということはありません。

仕事が忙しくても、また90歳・100歳と高齢でも手術は可能なのです。
当院では術後2日目から、仕事への復帰を可能としています。
目の手術と聞いただけで怖がる患者さんも多いですが、あまりに我慢しすぎるのもよくありません。

当院では、最新の治療装置と優秀なスタッフを揃え、万全の体制で、白内障により視力低下を来した患者様の苦痛を取り除いております。


お電話でもご予約いただけます。
TEL 03-5363-0507

手術担当医のご紹介

新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川先生
新川先生経歴

診察時間

月曜日11:30~13:45/15:00~19:30
火曜日11:30~13:45/15:00~19:30
水曜日11:30~13:45/15:00~19:30
金曜日11:30~13:45/15:00~19:30

白内障手術日/非手術日

手術日
4月 11、18、25日
5月 9、16、23日
6月 13、20、27日
7月 4、11、25日
8月 1、8、22、29日
9月 12、26日
10月 17、24、31日
11月 14、21、28日
12月 5、12、19日
非手術日
4月 4日
5月 2、30日
6月 6日
7月 18日
8月 15日
9月 5、19日
10月 3、10日
11月 7日
12月 26日

新川医師による白内障講座 講義パンフレット(PDF)

白内障とは

白内障のしくみ
正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし、加齢などが原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性し、濁ってくることがあります。これが「白内障」です。水晶体が濁ると、光がうまく通過できずに乱反射し、網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

白内障手術をするタイミングは?

ご自身で生活に不便を感じる場合が第一選択です。
症状として
1.かすみが気になる場合
2.光がまぶしく、よく見えない場合
があげられます。
また、お車の運転はするのか、全身疾患があるのか、年齢、家族構成などさまざまな要素を考えていき、手術するべきなのか医師と決定していきます。
新川医師の白内障手術をすすめるタイミング
基本的には上記と同じで、自覚症状がなく生活に不自由がなければ、手術を急ぐ必要はありません。
白内障の手術を考える要素として、視力、屈折、水晶体の濁り具合、生活の支障の程度、隅角の狭さなどがあげられ総合的に判断をします。

視力

個人差が大きく、矯正視力が1.0であっても明るいところでまぶしく、生活に不便を感じれば、手術適応となることもあります。 また、矯正視力が0.3~0.4であっても不便を感じなければ、手術せずに様子見でよいでしょう。

屈折

屈折矯正、つまり度の強い眼鏡をかけなくてもよくするために、白内障が比較的軽度でも相談の上、手術をすることがあります。

水晶体の濁り具合

片眼のみ白内障が強く、もう片眼の白内障が軽度の場合、両眼視が難しくなり距離感が得られなくなるので、階段の昇り降りや車の運転が危険になるために手術をすることもあります。

生活の支障の程度

新聞の文字がみづらくなる、車の運転に支障がでる、まぶしくなるなど生活に支障がでてきたら、手術を検討します。

隅角の狭さ

隅角とは、房水(目の中の水)の排出口にあたる部分で隅角が狭いと流れにくく、急性緑内障発作を起こすリスクも高くなるため、手術をお勧めする場合もあります。

手術をして濁りを取れば、かすみが無くなり、視力回復が期待できます。かすみが取れた分、明るくなり"見え方の質"が高まり"生活の質"の向上にもつながります。
しかし、手術をして眼内レンズ(人工のレンズ)を入れることによって、焦点は一点に固定されるデメリットも生じてきます。
メリット、デメリットを話し合った上で、手術を行うかどうか患者様と決めていきます。

日帰り白内障手術の一般的な流れ

  • 1.初診による一般検査、経過観察

    白内障の進行具合や他の疾患、本人の見え方などにより、
    経過観察していくのか、手術をするのか考えていきます。

  • 2.手術日の決定

    医師が現在の目の状況を説明し、次に、手術が現状で必要な場合、
    手術に必要な検査を受けていただきます。
    手術時期については個人差があるため、医師と相談して決めます。

  • 3.手術に必要な検査

    手術日が決定したら、眼内レンズの度数を決定するのに必要な検査や、他の疾患がないかどうか、全身の検査も合わせて詳しく調べていきます。
    検査は後日、ご予約のうえで行います。
    全ての結果が出たあとに診察を受けていただく必要があるため、2回来ていただきます。

    術前検査の予約可能時間
    術前検査の内容
  • 4.手術の説明会

    手術に関する詳しい説明をします。

  • 6.手術後の経過観察

    人により通院時期は異なる場合がございます。医師の指示に従ってください。
    また手術後は視力が安定しにくいこともあるので、眼鏡の処方の時期も医師に確認してください。

手術当日の流れ

  • 来院(受付)

    ・1~2時間前に付き添いの方と来院していただきます。
    ・ご予約票、保険証、診察券、同意書のお預かりいたします。
    忘れずにご持参ください。

  • 待合室へ

    ・緊急時に備え、マニュキュア、アイメイク、口紅、
    アクセサリーなどを外していただきます。
    ・前あきの上衣または、貸し出しの術衣を着用していただきます。
    ・目薬を何回か点眼し、点滴をします。

  • 手術室へ

    ・リクライニング式の椅子に座っていただき、モニターをつけます。
    ・麻酔の目薬や麻酔の注射をします。
    ・施術のみは通常10分~20分程度で終了します。

  • リカバリー室へ

    ・術直後は少し安静にしていただきます。
    ・術後の説明は付き添いの方と一緒に聞いていただきます。
    ・危険ですので、必ず付き添いの方と帰宅してください。

手術の方法

一般的に水晶体超音波乳化吸引が行われることが多いです。
水晶体の袋を温存し、水晶体の中身のみを除去する方法です。

白内障手術の様子

★安全性が高い手術です

傷口が2.3mmと極めて小さいため、非常に安全性が高い手術です。
医療は進歩しておりますので、今や『自動車の免許更新で引っかかりそうなので手術する』という時代になっているのです。
多くは10~15分で終わりますし、目薬の麻酔ですので、全く痛くありません。
体への負担はほとんどありませんし、目に注射するようなこともございません。

当院では術後の眼帯を廃止し、プラスチック製の保護メガネでお帰りいただきます。そのため、術直後から目が見えますので、術後の生活での支障も最小限にできます。また、当院では術後2日目から、仕事への復帰を可能としています。

  • 点眼による局所麻酔

  • 2.4mm前後の強角膜もしくは角膜切開

  • 前嚢を円形に切開する

  • 超音波乳化吸引装置により、
    水晶体核を超音波振動で粉砕しながら吸引する

  • 眼内レンズ(※)を挿入する

※眼内レンズの種類

(1)単焦点眼内レンズ

(2)トーリック眼内レンズ

(3)遠近両用眼内レンズ

眼内レンズ挿入後は調節能力がありません。
遠くに合わせた眼内レンズでは近くを、近くに合わせた眼内レンズは遠くを見る事が難しくなるため、手術後に眼鏡が必要となります。
遠近両用眼内レンズであっても、若いころのように遠くと近くがクリアに見える状態になるとは限らず、眼鏡が必要となる場合もあります。
自分のライフスタイルに合わせた眼内レンズの度数設定を医師とよく相談しましょう。
※上記は一般的な流れであり、異なる場合がございます。
※採血の結果が一週間かかるため、手術前検査当日に手術を行うことが出来ません。
※まぶしくなる目薬をするため、検査日、手術日は両日ともにお車等の運転はお控えください。
※白内障手術をしても若いころのようにピントの調整ができないため、手元も遠くも見やすくなるわけではないのでご注意ください。

手術後

手術後に定期的に経過観察が必要になります。患者様により期間が異なりますので、医師の指示に従ってください。
また、手術前に使用していた眼鏡は手術後見えにくくなります。症状が治まってから、医師と相談のうえ、新しい眼鏡の度数合わせをしてください。

手術後の生活の目安

術後3日目

入浴、洗顔、家事、仕事、運転が可能です。

術後1週間

化粧品の使用が可能です。

術後2週間

散髪、パーマ、毛染めなどが可能です。

術後1ヶ月

傷はほぼ治りますが、目薬は続ける必要があります。

術後3ヶ月

通常の生活に戻れます。
一般的に目薬も不要となりますがいつまで点眼を続けるかは医師の指示に従ってください

白内障手術に関する費用

手術費用に関しましては、患者様のご負担費用を抑えております。
少しでも多くの患者様に貢献出来ればと思っております。
  1割負担 3割負担
片眼のみ 約 ¥15,000- ~ 約 ¥44,000- ~
※上記金額は手術時の金額であり、術前検査は別途かかります。ご了承ください。

高額療養費制度について

高額療養費制度とは、高額な医療費による負担を軽くするために、医療費の一部負担額が自己負担限度額を超えた場合に、超えた分の払い戻しを受けられる制度です。
高額療養費の払い戻しを受けるには申請が必要です。

高額療養費制度の申請について

加入されている保険者に申請します。
・国民健康保険…市区町村の担当窓口。
・その他…加入している健康保険の窓口。(社会保険事務所、健康保険組合や共済組合など)
保険証に記載されていますので、ご確認ください。
まずは、どのように申請すればよいのかを問い合わせてみるところからはじめてください。
お客様の年齢・所得によって自己負担の限度額は異なります。
院長:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
経歴 ●資格
PDT講習会受講終了認定医

●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務

眼科診療経験13年
常勤医師:浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会会員
経歴 平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任
現在に至る
主な論文 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など
上玉 倫子(日本眼科学会認定眼科専門医・医学博士)

上玉医師の診察は2015年9月14日をもちまして終了しました。

視能訓練士(常勤)4名、(非常勤)1名、看護師非常勤2名

日帰り白内障手術に関するQ&A
夜間受付のご案内

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
平日

午前 11:30~13:45
午後 15:00~19:30

受付終了時刻 19:30
土曜

午前 11:00~13:45
午後 15:00~19:00

受付終了時刻 19:00
日曜
祝日

11:00~18:00

受付終了時刻 18:00
新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。

ご予約について

※初めての方でもご予約可能です。
※ご予約なしでも受診できます。
※土曜・日曜・祝日もご予約可能です。

電話予約

03-5363-0507
当日のご予約はお電話にて受付しております。

WEB予約

アクセス

【移転のお知らせ】
新宿東口眼科医院は、立替工事完了に伴い、1月15日からヒューリック新宿ビルに移転いたしました。
※なお当院の電話番号、患者様のカルテ番号の変更はございません。
住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

医師のご紹介

院長:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
経歴 ●資格
PDT講習会受講終了認定医

●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務

眼科診療経験13年
常勤医師:浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会会員
経歴 平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任
現在に至る
主な論文 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など
上玉 倫子(日本眼科学会認定眼科専門医・医学博士)

上玉医師の診察は2015年9月14日をもちまして終了しました。

視能訓練士(常勤)4名、(非常勤)1名、看護師非常勤2名