網膜・硝子体専門治療 新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。
TEL/FAX 03-5363-0507

糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)

糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)の解説です。

糖尿病とは

糖尿病とは体内でインスリンを作れなくなったり、体内で作られたインスリンをうまく使えなくなったりする代謝異常の総称です。
また、それはⅠ型、Ⅱ型に分類されます。そしてこの病気の恐い点はさまざまな合併症を起こすことです。

※インスリン・・・・ブドウ糖をコントロールするホルモン。血糖を下げたりエネルギーに変えたりする。
Ⅰ型糖尿病 「若年型糖尿病」とも呼ばれていたように、幼児期から小児期に急に発症することが多い。
Ⅱ型糖尿病 9割の糖尿病がこのタイプでインスリンの働きが悪くなって起こる。食生活や運動不足などが原因とされている。
妊娠糖尿病 妊娠中に分泌されるホルモンの作用でインスリンの作用が弱くなり起こる。
その他 遺伝子異常、その他の疾患が起因で起こるもの

糖尿病の合併症

糖尿病性神経症、糖尿病性腎症そして糖尿病性網膜症が代表的な合併症ですがその他にも心筋梗塞、脳梗塞、狭心症等があります。
では その中で、糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)とはどんなものなのでしょうか。

糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)とは

糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)は、網膜の状態などから進行の段階が3つに分けられます。
単純網膜症から増殖前網膜症の段階ではほとんど自覚症状がないため、初期の段階で患者さん自身が眼の異常に気がつくことは困難です。また、糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)で視覚障害者になる人は、年間3,000人にのぼるといわれています。

糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)の進行期による分類
眼の状態 自覚症状
単純網膜症
(第1段階)
網膜の毛細血管がもろくなります
●点状および斑状出血
●毛細血管瘤
●硬白斑がみられる
なし
増殖前網膜症
(第2段階)
●軟性白斑が多くみられます
●血管が詰まり、酸素欠乏になった部分がみられます
なし
増殖網膜症
(第3段階)
●新生血管が網膜および硝子体にみられます
硝子体出血
●増殖膜の出現
網膜剥離
●失明に至ることがあります
●視力が極端に低下します
●黒いものがちらつきます
●ものが歪んで見えます

原因

糖尿病の患者さんの血液は、糖が多く固まりやすい状態になっているため、網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて、眼底出血をしたりします。
そのため、血液の流れが悪くなり、網膜に酸素や栄養素が不足し、これが糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)の原因です。

糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)の検査方法

眼底にある網膜の状態をくわしく調べるために行います。
検査の前に目薬をさして瞳孔を開き、検眼鏡を通じて主に視神経や網膜を観察する検査です。眼底疾患の有無を調べることが出来ます。
検査の前に目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしさを感じたり近くが見えづらい状態が約3~6時間続きますが、自然に元に戻ります。

眼底検査 眼底にある網膜の状態をくわしく調べるために行います。検査の前に目薬をさして瞳孔を開き、検眼鏡を通じて主に視神経や網膜を観察する検査です。眼底疾患の有無を調べることが出来ます。検査の前に目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしさを感じたり近くが見えづらい状態が約3~6時間続きますが、自然に元に戻ります。
蛍光眼底検査
蛍光剤を血管内に送り込み、眼底の血流状態を写し出す事が出来るため、上記の眼底検査よりも精密な眼底写真を撮る事が出来ます。
DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)
近赤外線を利用した眼底の検査機器で、これまで行えなかった網膜の断面の観察が出来るようになり、網膜疾患、特に黄斑部病変の精密な診断が早期かつ正確に行うことができます。

糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)の治療方法

血糖コントロール

1日3食、規則正しく、まんべんなく食べること、医師の指示にしたがって、自分の症状にあった運動をすること、アルコール、糖分、塩分のとりすぎに注意し、規則正しい生活を心がけること。

レーザー光凝固術

糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)の方の網膜にレーザーを照射して、新生血管の発生を防ぐ方法。また、出血や白斑も治療できます。この治療で視力が回復するわけではありませんが、網膜症の進行を阻止することができています。

硝子体手術

糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)の中で、硝子体出血網膜剥離などをきたした増殖網膜症に対し出血混濁の除去、剥離した網膜をもとの位置に戻すなどを目的に行われています。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

新宿東口眼科医院の専門医紹介

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医(PDT認定医とは認定医一覧 )、身体障害者福祉法第15条に基づく指定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

非常勤医師遠藤 一葉

遠藤医師
経歴

平成10年 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成17年 東邦大学医学部大学院卒業

職歴
平成13年 東邦大学医学部付属病院
平成17年 千葉大学医学部付属病院
平成21年 船橋中央病院

主な論文

Persistent functional and morophological abnormalities of macula after successful retinal detachment surgery.

Changes in multifocal oscillatory potentials after internal limiting membrane removal for macular hole.