はじめに -花粉症にお困りの方-

2017年の花粉は例年並みと言われています

2017年の関東のスギ・ヒノキ花粉シーズンは2月上旬から始まり、ピークは3月上旬~中旬ごろとなる見込みです。

  • 花粉症とは、植物の花粉(アレルゲン)によって引き起こされるアレルギー症状の一種です。

    花粉が体内に入った場合、IgE抗体という物質が作られます。この抗体が働くと、神経を刺激する化学物質(ヒスタミンなど)が放出されるため、目や鼻などにアレルギー症状があらわれ目のかゆみ・腫れ・充血などを引き起こします。
  • はじめに


毎年花粉症でお困りの方は、今年は予防的に目薬をさしてみてはいかがでしょうか?
事前に目薬をさしていただくことによって例年の数倍ともいわれている花粉の時期を快適にお過ごしいただけるかと思います。
新宿東口眼科医院へお気軽にご相談ください。
その他の予防法はこちらから

花粉症の方は、飛散予測日を目安に対策を取られることをお勧めします!
花粉が飛び始める2週間ほど前からあらかじめ用いておくことで、症状を軽くすることができます。
また、症状が出てからでも点眼薬の治療・アレルギー検査など、治療法は多数あります。

2017年春の花粉飛散予測(日本気象協会)
本日の関東・甲信地方の花粉情報(日本気象協会)
花粉予報(花粉症ナビ)





新宿東口眼科医院では一般外来にて花粉症診療を受け付けております。
すべての医師が対応できます。
診療予約はお電話またはWEB予約をご利用ください。
初めての方でもご予約できます。
ご予約なしでも受診できます。
花粉症の時期は込み合いますが、スピーディーに対応致しますのでご予約なしでもお越しいただけます。
花粉症治療の一般外来予約はこちら

▼常勤医師紹介

院長:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会
日本網膜・硝子体学会
日本眼科手術学会
経歴 ●資格
PDT講習会受講終了認定医

●経歴
平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務

眼科診療経験13年
常勤医師:浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)
所属学会 日本眼科学会会員
経歴 平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了
平成17年4月 総合新川橋病院 出向 (1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任
現在に至る
主な論文 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など

視能訓練士(常勤)4名、(非常勤)1名、看護師非常勤2名