【花粉症】はどの診療科へ行くべきか

目がかゆいなどの症状があるとき、眼科に行くべきか、他の診療科に行くべきか悩みますよね。 花粉症は薬の種類が多く、症状に合った最適な処方・治療をすることが大切です。目がかゆい時は迷わず眼科を受診しましょう!

眼科では

眼の状態や花粉症の症状を詳しく、問診、診察し、治療薬として 点眼薬、経口薬(飲み薬)、さらに症状に応じて点鼻薬を処方します。

最適な点眼液を処方するには専門知識が必要です

実は花粉症の目薬は目的、効果によって多数の種類があるんです。
新宿東口眼科医院では専門の医師が問診をしっかりと行い、症状を緩和するための最適な薬(抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬など)を処方いたします。花粉症の原因(アレルゲン)を調べる検査も行っておりますので、花粉症でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

ステロイド点眼薬の処方について

かゆみなどの症状が強い時は、ステロイドの目薬を使用します。
ステロイドの効果は抜群ですが、副作用として眼圧が上がる場合がありますので、経過を確認するためにも、眼科での定期的な受診が必要です。

花粉症に似た恐い病気もあります

花粉症と症状の似た疾患には、以下のようなものがあります。

詳細については、リンク先をご参照ください。

通年アレルギー
上強膜炎
流行性角結膜炎(はやり目)
細菌性結膜炎
巨大乳頭結膜炎
ヘルペス性結膜炎


眼科では、これらの病気と花粉症を的確に見分けて診断し、それぞれの症状にあわせて適切な治療を行うことができます。
目に症状のある方はまず眼科受診をご検討ください。

新宿東口眼科医院では花粉症の検査設備が整い、積極的に花粉症治療を行っております。

医師のご紹介

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害者認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

掲載インタビュー
新川医師が新宿区ドクターズに掲載されました

視能訓練士(常勤1名/非常勤5名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)