強膜炎・上強膜炎 | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

強膜炎・上強膜炎

※治療法、治療薬、検査に関しては、全て医師の判断となりますのでご理解の程宜しくお願い致します※
強膜炎・上強膜炎
強膜炎・上強膜炎の症状・原因の説明です。新宿東口眼科医院では、点眼での治療が主になります。

強膜炎とは

強膜とは、白目の一番表面にあるのが結膜(半透明の膜)で、その下にあるのが強膜という白い強い膜です。その強膜をさらに細かく分類すると、表層の部分である「上強膜」と、その下の「強膜」とに分けることが出来ます。そして疾患名も、炎症を起こす部位によって「上強膜炎」と「強膜炎」に分けられます。一般的に、上強膜炎よりも強膜炎のほうが症状が強いといわれています。

主な原因

様々な物質によって引き起こされるアレルギー反応としての症状や、関節リウマチ・全身性エリテマトーデスなどの自己免疫疾患などが挙げられます。しかし、多くは原因不明です。症状が酷くなければ、原因の特定はせずに治療を行います。

主な自覚症状

紫がかった赤色をした特殊な充血(毛様充血)・圧痛・また、炎症部位が眼の後ろの部分の強膜まで及ぶと視力低下をきたします。強膜の部分が隆起する事もあります。これらの症状は主に強膜炎で見られるのに対して、上強膜炎では充血以外の症状は軽度で済むことが多いです。

主な検査方法

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡(スリットランプ)による検査で容易に診断できます。

主な治療方法

原因としてウイルスや細菌が考えられる場合はそれらに対する投薬を行います。炎症に対してステロイドなどの消炎剤を投与して、症状を抑える治療をします。ステロイドには緑内障などの副作用がありますので、用心の為に定期的な経過観察を行うのが理想です。

上強膜炎とは

強膜の表面の部分は、比較的血管が多く上強膜(じょうきょうまく)といいます。上強膜炎は、この部分に炎症が起こったもので、青年期にみられ、男性よりも女性に多く発症します。また、全身疾患に合併することもまれにあります。

主な原因

上強膜炎は原因不明の再発性の疾患です。自己の組織に対する免疫反応が自己組織を攻撃する自己免疫疾患や、さまざまな全身性の炎症性疾患(梅毒、結核、サルコイドーシス、痛風など)、局所の感染などが原因としてあげられていますが、多くは原因不明で、眼の病気のなかで最もその実態がわかっていない病気のひとつです。

主な自覚症状

充血が強いですが、上強膜炎ではそれ以外の症状は軽度です。強膜が溶ける例(壊死性(えしせい)強膜炎)では、その部分の強膜が薄くなって、中のぶどう膜という濃い茶色の部分が透けて見えるようになるため、白眼に黒いところが出てきたように見えます。

主な検査方法

視力や眼圧をお調べし、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡(スリットランプ)による検査で容易に診断できます。

主な治療方法

無治療でも数週間で改善する症例もありますが、基本的には副腎皮質ステロイドの点眼が治療の中心となります。感染症が原因であれば抗生剤か抗菌剤を併用します。炎症の範囲が広範囲の場合や充血の程度が強いと思われる場合は、結膜下注射を1日1回で数回追加するか、合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)を数日内服します。また原因となる体の疾患がみつかれば、その治療をします。

関連疾患

医師のご紹介

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
日本眼科学会認定眼科専門医、眼科PDT認定医PDT認定医とは認定医一覧 身体障害者福祉法第15条に基づく指定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

掲載インタビュー
新川医師が新宿区ドクターズに掲載されました

常勤医師長谷川 二三代(日本眼科学会認定 眼科専門医)

所属学会
日本眼科学会、日本弱視斜視学会、日本神経眼科学会
資格
医学博士、日本眼科学会認定専門医、日本斜視弱視学会認定標榜医、A型ボツリヌス療法講習修了認定医(眼瞼痙攣/斜視)
経歴

平成4年 帝京大学医学部卒業
     帝京大学医学部麻酔科学教室入局
平成6年 東京警察病院麻酔科派遣勤務・麻酔標榜医取得
平成7年 帝京大学医学部眼科学教室入局
平成9年 社会福祉法人 聖母会 聖母病院派遣勤務
平成12年 日本眼科学会眼科専門医取得
平成14年 聖母病院眼科医長
平成15年 医学博士取得
平成27年 社会福祉法人 聖母会 聖母病院退職

令和2年4月~ 新宿東口眼科医院 常勤医師就任

主な論文

眼科臨床医報 第91巻 第4号(1997年4月)学校における眼外傷の後遺症について
眼科臨床医報 第99巻 第5号(2005年5月)白内障術後に周期性が消失した周期性上下斜視の1例
帝京医学雑誌 第26巻 第3号(2003年5月)間歇性外斜視に対する遮蔽試験における眼球運動の定量的解析

眼の病気について

診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索